糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

≫ EDIT

Bloodborneをやり終えたのでTomorrow Childrenを買ったがクソだった(要約)


Bloodborne。何度も殺されながら敵の攻撃パターンを覚えるゲームなので、最初は割と理不尽に感じる。モニタに向かって悪態ついたりする。「雑魚mobの一撃でライフ7割減るっておかしいだろ死ね」的な。

でも慣れると段々気持ち良くなってくる。1日に12時間ぐらいプレイし続けるようになる。モニタへの悪態は変わらずつく。「そのリーチと当たり判定おかしいだろ死ね」的な。

Bloodborneを12時間やって12時間眠る生活を2週間ほど続けたところ、さすがに実績も全部埋まってやる事がなくなり、人生の目標を失った。続編出るまで人生休む。
160914q1_twinkie.jpg


The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン) | ソフトウェアカタログ | プレイステーションR オフィシャルサイト

面白そうだったので買ってみたがクソだった。有料版が2,600円で販売中だが、秋にF2P版が出る予定なので今買う必然性はない。

街(狭い)と採取場(狭い)を行き来して資源を集め、それを元に街を発展させるのがメインの流れ。NPC人口が一定まで達するとその街は復興完了で次の街へ。

街(=鯖)は多数あり、誰でも & 途中からでも参加自由。

シングルモードやパス付き鯖は今のところ無い。テキストチャットもVCもない。ゲーム内での意思疎通は難しく、フレンド限定でプレイすることも困難。

つまり、知らん人達と会話もなしに一つの街を大きくしていく訳で、そこらのシングルゲーとは段違いに無秩序な街作りを体験できる。

発展に必須の重要施設(発電所とか)でさえ割と簡単に撤去できてしまうので、妨害目的のプレイヤーがいると簡単に泥沼化する。

地道な作業を繰り返して整備した街が、翌日ログインしたらスラム級に荒んでいた。そういう賽の河原なゲーム性に耐えられる人向け。あるいは他人に蹂躙されたマイタウンを眺めて気持よくなれる人向け。
160914q0_twinkie.jpg


最近は他人へのネガティブ行為が不可能なネトゲが多いが、この作品は対極的に嫌がらせ行為が豊富。

直接攻撃はもちろん、重要施設を解体して街の発展を遅らせたり、他人を冤罪で牢屋にぶち込んだり。駅(他の街への出入り口)にハシゴをかけて封鎖したりも出来る。
160914q2_twinkie.jpg

調子に乗ると牢屋行きになり、地味に長い(5~10分?)懲役刑が課される。
160914q3_twinkie.jpg


街の復興と並んで、自キャラのLvアップという目標も用意されてる。採掘,伐採,資源の運搬etcなど、労働をすることで経験値が入り、自キャラの性能アップが可能になる。

このゲームには他人を好評価するための"good"というジェスチャーがあり、これを受けることでもExpがもらえる。

この"good"にはクールダウンやリソース消費といった制限が一切ない。1回の動作にかかる時間が短いので連発も容易。にも関わらず獲得Expは高め。高性能にも程がある。

早い話、複数プレイヤーが集まって"good"を連発するだけで効率的なレベリングが行えてしまう。真面目にコツコツ働くよりも、互いに中指を立てあっていた方が圧倒的に稼げる。キチガイ調整としか言いようが無い。
160914q6_twinkie.jpg

パッチで獲得Expが下方修正されブームは終息したが、それ以前は街のいたるところに"good"を連発する働かない集団が発生していたという。正直ここの開発陣はちょっとどうかしてる。
160914_TTC.gif
関連記事

| クソ | 07:02 | comments:1 | TOP↑

COMMENT

作業ゲー中毒を自負する私ですが1週間が限界でした。
島のバリエーションが少なくて採掘意欲が掻き立てられません。
ラグも多めでものを拾うだけでもテンポの悪さを感じてしまいます。
共産主義の歯車として延々と労働したかったのですが:(

| Karemomiji | 2016/09/25 00:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT