糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

≫ EDIT

Steamホリデーオークションもしくはジェム騒動

Steam コミュニティ :: ホリデーオークション

ホリデーセール前の前哨戦的なイベント。というかゲームが賞品の期間限定オークション。ルールは大体以下の様な感じ。

  • トレカ & バッジ作成時に出るゴミ(壁紙,チャットアイコン) を消費すると"ジェム"というイベント用の通貨が貰える。
  • ジェムはマーケットでも売買できる。
  • ジェムを使って各オークションに入札し、トップ入札者になると該当のゲームが頂ける。
  • 入札以外の用途として、ジェムを消費することで任意のブースターパックと交換する事もできる(1つのゲームにつき1日1回限定)。

141212q1_twinkie.jpg

インベントリに溜まったゴミアイテムの大掃除を兼ねた企画とも言える。ゴミを捨てると貰えるジェムを貯めてオクに参加しよう的な。

現時点での入札額トップは2014 Holiday Profile。自身のプロフ画面を特別仕様にカスタマイズできるイベント限定アイテム。

注意書きによればこのアイテムには期限があり、来年には失効してしまう仕様。完全に石油王の道楽アイテムでしかない。
141212w1_twinkie.jpg


まぁここまでは無難な集金 & 鯖のゴミ掃除イベントだったが、今回の企画のキモである"ジェム"がどうもDupe可能だったようで、不正に生成された大量のジェムがマーケットに流入。

当然ジェム相場は一瞬にして駄々下がり。1,000個パックが0.5円前後というジンバブエライクな相場に。ちなみに、通常の手段でアイテム1つを消費して得られるジェムの数はせいぜい10~100個。真面目にアイテム消化をするのがアホらしくなる状況。

で、ここで最も深刻な問題は、上でも触れたブースターパックとの交換機能にある。

紙くず同然のジェムを大量に買い漁ることで、片っ端からブースターパックに交換することが出来てしまう。そうなると当然ブースターから排出された大量のトレカが市場に溢れ返る訳で、マーケット全体の相場がジェム同様に大暴落してしまう。
141212z1_twinkie.jpg

マーケットの取引額に応じて手数料を徴収しているValveにとって、今回のDupe騒動はかなりの痛手だったようで、イベント開始から半日も経たずにジェムの属性が「トレード & 売買可能」から「トレード & 売買不可」に変更された。

当然だが、こうなるともうマーケットでは売り買いできない。
141212w2_twinkie.jpg

更に数時間後、今度はオークションのページ自体が一時休止状態になり、オークションの閲覧 & 入札が不可能になった。

つまりは実質上のイベント一時中止。
141212e1_twinkie.jpg

極めつけに、個人のインベントリからもジェムが削除された。

リアルマネーを支払って買ったユーザーもいる訳で、それを予告なしに削除するというのは相当な異常事態。
141212e2_twinkie.jpg


そして日付が変わって翌日の12月13日、ようやくジェム問題に関するアナウンスが出される。

  • マーケットを経由したジェムはDupe品の可能性があるため全て払い戻しでリセット。
  • オークションの入札も全て取り消しでリセット。
  • 唯一残るのは、手持ちのゴミアイテムを消費して作った正規ジェムのみ。
  • 初日にアイテムをトレードに出してジェムを得た人には、お詫びのCS:GOが送られる。

無難な対応。ジェム消費で作ったブースターパックもリセットされていない様なので、Dupeで値崩れしたジェムを買い込んでブースターを大量生産した人が唯一の勝ち組か。

始まりはパッとしないイベントって印象だったが、この騒動のおかげで予想外に楽しめた。
141212c1_twinkie.jpg
関連記事

| Steamトレカ | 10:22 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT