糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

≫ EDIT

グラディエーターVS雑感

戦闘の流れとしては大体がボタン連打のごり押しで片が付く。

敵は亀のようにガードを固めているため、まずはガード崩し属性のスキルで相手の守りを崩し、ラッシュをかける。クールダウンが終わったらまたガード崩しからの連打。以降は敵が死ぬまでずっとこちらのターン。

敵ライフがかなり多めに設定されているため、殺しきるまで結構時間がかかる。それまで延々同じパターンを繰り返す。敵のガードが異常に固いのは雑魚だろうとボスだろうと全ての敵キャラに共通。

何は無くともガード崩しからのラッシュ。プレイヤーのテクニックを挟む余地も何もない。初回特典として連射パッドを付けて欲しいほどの連打ゲー。

難易度ノーマルが退屈すぎたので、最高ランクの難易度に移動。受けるダメージは確かに増えたが、相変わらず崩しからの連打でごり押せる。ラスボスも変わらず崩しからのボコりで楽々KO。

そして最高難易度での全ミッションのSランククリアをひとつの挫折もなく達成。確かに達成はしたが、簡単すぎて達成感は一切ない。


過去作にはスタミナの概念があったため、ボタン連打で攻撃しているだけではバテて動けなくなるという適度な縛りがあった。

ライフ設定も少な目で、敵をサクサク殺せる爽快感があり、逆に油断していると雑魚敵にすらあっさり殺される緊張感があった。

また、戦闘時のテクニックとしてドッジ&パリイという機能もあった。これは敵の攻撃に合わせてジャストでボタンを押すことで、無傷で攻撃を回避できるというもの。

このシリーズの売りある多対多の乱戦では、真正面の敵と切り結んでいる最中、別の方向から不意打ちを受けることが多々ある。そんな時にドッジに成功すれば、たとえ背後からの攻撃でもノーダメージで回避することが可能。

要するに、乱戦がメインのこのゲームにはうってつけの機能だった。

本作ではその辺の、シリーズの持ち味と言っていい要素が全部なくなった。いくら何でも削りすぎ。
11129c.jpg


何と言うか理屈として納得いかない点が多々あった。特にアイテムドロップの不自然な流れ。

各ミッション終了時、敵がドロップした装備品等がずらりとリストアップされる。一般的なパターンでは、これらは戦利品としてそのまま自分の物になる。が、このゲームの場合はプレイヤーが自腹で買い取らなければアイテムは手に入らない。何故に自分が倒した敵の装備をゲットするために高い代金を支払わなければならないのか。どうも釈然としない。

このシステムのおかげで、ミッション終了後に報酬を得られたという感覚が薄い。必死で戦ってそれなりの成果を上げたというのに、自分への見返りは不当なまでに少ない。というか殆ど没収される。
関連記事

| GLADIATOR VS | 23:24 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

グラディエーターシリーズは結構好きなので最新作のコレにも目をつけていました。
魔法や人間以外の種族導入で過去作と違ったシチュエーションが楽しめるかと思っていたのですが・・・
無念です。

| Karemomiji | 2011/11/30 21:28 | URL |

過去作は面白かったですよね。自分も大好きです。
今回のもまぁ自分を追い込む苦行としてはありと捉えられなくもないですよ。お遍路みたいな。
いや実際自分の極私的な感想ですので他の人の感覚からすれば面白かったりも…ちょっとお薦めできないです。

| aaaa | 2011/12/01 19:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT