糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

≫ EDIT

NecroVision

2009年製と特に古いゲームなわけでもなく、Painkillerの開発スタッフが関わっているという話題性もある。にも関わらず、頻繁にセールで叩き売られているのを見かける作品。

時代設定はWW1の最中で、主人公は従軍中のアメリカ兵。「またドイツ人を虐殺するゲームか」と行軍しているといきなり敵の待ち伏せにあい、ついでに爆撃と毒ガス攻撃も受け、主人公を除く全員が冒頭で戦死する。
100908.jpg100908a.jpg

仕方ないのでひとりで敵軍を殺して進んでいたら、唐突にゾンビが沸き始め、ドイツ兵とタッグを組んで襲ってくる。
100908c.jpg100908g.jpg

ゾンビを殺していると地響きと共に巨人が登場、ゾンビとタッグを組んで襲ってくる。最初の戦争パートは何だったのかという感じの超展開。ついて行けない。
100908f.jpg

バランス的には、他のFPSに比べてMeleeが相当強めに設定されてる。敵の大半はゾンビで体力も数も多い。なので単発式のライフルやハンドガンでは処理しきれない。

要するに、半端に銃を撃つよりも、ダッシュで近づいて殴るなり蹴るなりした方が効率的。下手な銃よりもスコップが強い。
100908x1.jpg

極端な話、ボルトアクションライフルを撃つよりも銃剣で突いた方が強い。銃撃と殴りとキックを組み合わせることでコンボが発動し、いちいち技名まで表示される。
100908e.jpg100908d.jpg
100908h.jpg100908i.jpg

このコンボを繋げていくとボーナスで範囲攻撃が発動し、周囲の敵に向かって雷やら炎が飛んでいく。コンボを途切れさせないためには、リロード不要で連発できる近接攻撃が非常に重要。やはり殴りゲー。

とにかく徹底的に接近戦重視。殴りの合間に銃を撃つゲームバランス。マシンガンやショットガンも使えるので銃メインで戦うことも勿論できるが、どの銃もリロード時間が長めで、結局は近接が欠かせない。

銃を撃ちたくてこのゲームを買った人は壁を殴るかも知れないが、ゾンビの群れに突っ込んでスコップを振り回す分には楽しめる。
100908x3.jpg
関連記事

| クソ | 08:10 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT