糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Warhammer 40,000: Inquisitorとかいう駄作を1周

Inquisitor。オンライン専用ということは、好評につきサービス終了する可能性も充分にある訳で、今のうちに1周しておく。

Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr - Steam Charts

今年6月にアーリーアクセスを抜けて一時的に人口が増えたが、それ以降は鳴かず飛ばず。10年前のゲームにすら負ける過疎具合。
180827zzzzzzzzzz_twinkie.jpg


キャンペーン後半では、戦車や巨大ロボに乗って戦うステージが挟まれる。集めた装備や振ったスキル、全く関係なし。

これまで自キャラを強くするために色々苦心してきたが、それを全否定する勢いでロボが強い。敵のボスとか全部ロボが倒せばいいと思う。

Warhammerシリーズは一切未経験だが、恐らくシリーズの伝統に違いない。番組の終盤で巨大化して怪獣やっつける的な。そうじゃないとしたら開発陣は気が触れてる。
180827rrrrrrrrrrrrrrrr3.gif


1周した時点でLV36。現在のキャップはLV70。キャンペーンモードに2周目はない。よって、以降は単発クエストを延々繰り返していく感じになる。

画像はLVアップ時に得られるボーナス要素。四角いアイコンがPerk(特殊効果を得られるパッシブスキル)、ドクロマークは単なるスキルポイント。終盤のネタ切れ感が凄まじい。
180827s3_twinkie.jpg


大型アプデ第1弾として"Warzone"というエンドゲームコンテンツが追加されたが、参加条件である要求LVが異様に高い。1周した程度では全然足りない。

例えるなら、発売直後の追加コンテンツがいきなりLV99必須な感じですかね。開発者が隣にいたら殴ってる。

要するに、『キャンペーンクリア→???→エンドゲームコンテンツ』。この中間部分が絶望的に足りない。故にクリアした時点で飽きる。というか自分はその前に飽きた。
180827qqqqqqqqqqq_twinkie.jpg


1つ前の記事で、『アクティブスキルは武器ごとに固定』と書いたが、ちょっと正確ではなかった。全3クラス中で2クラスは固定。"Psyker"というクラスのみ、スキルを入れ替え&強化できる。

こいつだけは拠点に専用装置が用意されていて、そこで使用スキルを好きにいじれる。
180827e1_twinkie.jpg

LVが上がると強化用の枠や効果も増えていく。異様なまでの優遇具合。調べてみたら、他2クラスは初期から実装されていたキャラだが、このPsykerだけは後発で追加されたという事情があると。それを先に言ってくれ。
180827e2222222_twinkie.jpg

結論としては、これから5,000円払ってこのゲームをやろうって人には断然Psykerがオススメですね。最適解は買わないこと。
180827x1z_twinkie.jpg

| Warhammer 40,000: Inquisitor | 16:39 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr

Path of Exileの新リーグまで1週間を切った。ベターコールソウルのシーズン4も始まった。頑張って生きて行こうと思う。今回のリーグでは、目玉要素として無限ダンジョンが実装される。


無限ダンジョン。言葉の響きは理想郷のようだが、実際やると似たようなマップ構成の繰り返しにうんざりして、気付いたら床で寝ているアレ。トレイラーのマップ画像から漂う脳死臭が凄まじい。眺めてるだけで脳が溶ける。
18082555555555555_twinkie.jpg

しかも、今回は虹色のハズレくじことReliquary Keyが復活する(過去のリーグ限定品が手に入るって趣旨なので、前回とはちょっと違うが)。激レアのゴミクズを拾って倉庫にぶち込んで一生使わないあの徒労感。人生を無駄遣いしたい人は是非プレイすべき。
180825zzzzzzzzzzz_twinkie.jpg


そういう訳で、とりあえず Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr を消化している。出来はまぁ…普通

Diablo系としての基本は揃っている。ランダムドロップ&性能の装備品、スキルツリーによる成長、大量の雑魚mob、アイテムクラフト&強化、スキルの振り直し、その他色々。一通り揃った平均的な内容ではあるが、飛び抜けて優れた箇所もない。只々平凡。

Path of Exileが無料で遊べて、Grim Dawnが定価$25で買える現在、こんなもんに$49.99/\ 5,480を支払う価値はあるのか。ない。

Diablo系を遊ぶ際の選択肢としては、
  • シングル&オフライン寄り>Grim Dawn
  • 廃人向けオンライン>Path of Exile
  • クソ浅いカジュアル産廃>Dia3
  • 過去の名作>Diablo2,Titan Quest
この辺りが無難と仮定する。では、このラインナップに割り込める強みが、このゲームにあるのか。ない。最大の特徴は値段が高い。


所々に風変わりなシステムはあるが、それが面白さに繋がるかと言うと…。「変わってんなー」ぐらいの乾いた感想しか出てこない。

例えば、一部のスキルツリーは実績的な目標達成(特定の攻撃手段で敵を殺す/サブクエストを規定数こなすetc)により解放される。単純なLVアップ方式に比べると珍しい。だからって別に面白くはないが。
180821q2_twinkie.jpg

障害物を利用してカバーポジションを取れる。被ダメージが軽減されたり色々利点があるが、近接職だとまず使わない空気要素。
180821q1_twinkie.jpg

選べるクラスは3x3で実質9クラス。まず3クラスの中から1つを選び、そこから更に3種に分岐する。装備できる武器や特殊能力が異なる。後述するが、武器はこのゲームでかなり重要な要素。
180821zzzzz1_twinkie.jpg


アクティブスキルは武器ごとに固定。これがこのゲーム最大の特徴。というか欠点。武器の種類(剣/ショットガン/スナイパーライフルetc)ごとにスキルが4種用意されている。これらを入れ替えたり、ポイントを振って強化することは不可能

他のスキルを使いたい場合、別の武器に持ち替えるしかない。持ち替える度にクールダウンが挟まれるため、テンポがすっげえ悪い。

LVが上がると新たな武器タイプがアンロックされる(=ドロップする武器の種類が増える)。新たな武器タイプ=新たなスキルな訳で、『LVが上がると使えるスキルが増える』と言えなくもない。

割と珍しい仕様だが、別段楽しくはない。使用スキルが固定されているおかげで単調過ぎて飽きる。スキルを自由に選択して強化できる従来のシステムがいかに優秀かを再確認できる。
180821z1_twinkie.jpg

スキルツリーも一応あるが、全てパッシブスキル(威力がn%アップ/ライフが+100アップ等の受動的な奴)。アクティブスキルが固定で、ツリーはパッシブ専用。地味すぎる。
180821x1_twinkie.jpg


広い全体マップを探索するタイプではなく、ミッションごとに狭いマップが用意されているステージクリア型マップ構成はどれも変わり映えしない。部屋ごとに区切られている屋内か、だだっ広い平原の2パターンしかない。

ミッション数だけは無駄に多く、コピペの如きマップが延々繰り返される。最低でも1周してからケチをつけようと思ったが、途中で憂鬱になったので諦めた。これで$50。マジか。
180821e1_twinkie.jpg
180821e2_twinkie.jpg

| Warhammer 40,000: Inquisitor | 08:53 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |