糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Vikings - Wolves of Midgard を買ったが理解不能なクソだった

ストアのスクリーンショットを見る限り、Diabloクローン風で楽しめそうだと定価で買った。クソだった。3,980円のクソ。ゲームとしては大体以下のような感じ。

  • 全体マップをうろつくタイプではなく、1ステージごとにマップが切り替わるステージクリア型
  • 装備品はランダム性能で、レアリティによる色分け区分がある(紫>オレンジ>緑>青>白 という具合に)。
  • 初期で選べるクラスは5種(盾,二刀,両手,弓,杖)。進めると増えるかは途中で飽きたので知らない。
  • スキルツリーも一応あるが単純。LVごとに取れるスキルが決まっていて、どう育てても同じような結果になる。独自のビルドを組めるような深さはない。
  • 難易度は4段階。死んだらキャラロストのハードコアもあり。
  • 緊急回避の前転ができる。敵の大振りを見てから避けられる等、多少のアクション性がある。

価格設定は高めだが、全体的にカジュアルで浅い。褒めるところは特に無く、只々つまらないため反応に困るが、いくつかアレな箇所があったので触れておく。


実質詐欺なスキルツリー

一応Diablo系を装ってはいるので、スキルツリーによる成長要素がある。

ツリー方式のメリットと言うと、キャラの育成方針をユーザーが決められる点が挙げられる。初期スキルのファイアボール全振りで一点だけ超火力にしたり、ペット関連スキルに集中させてペットに全てを任せたりと。

しかし、このゲームにはそういった自由度が一切ない。LV制限でガッチガチに縛られている。選択肢もほぼない。枝分かれしたツリーと言うよりも、一本道のすごろくに近い。道に沿って脳死で進んでいくだけ。
20170328q1_twinkie.jpg 

1つのスキルに集中して振る際も、このLV制限が付きまとう。画像の例で言うと、1段階目はLv3、2段階はLv8、3段階はLv13にならないと振れない。そして各スキルは最大3段階までしか強化できない。つまり一点に特化した極端な育成は不可能。

早い話、キャラの成長パターンがほとんど固定されている。ドラクエ並みに決まりきっている。いや別にドラクエ的な成長方式をdisる訳じゃないが、"スキルツリー"と見せかけて"ドラクエ"は詐欺だろと。
20170328q2_twinkie.jpg


ストレスでしかない寒さメーター

ライフバーの下に表示されている水色のメーター。これはスキル使用時に消費するリソースではなく(このゲームにそんな高等なものは無い)、"寒さ"を表すメーター。ステージによっては毒などに変わったりもするが、何にせよ効果は同じ。
20170328w1_twinkie.jpg

マップ内を歩いているとこの"寒さ"メーターが貯まっていく。そしてMAXになるとライフバーが凍り付き、時間経過でガンガンにライフが減っていく

これは特殊フロア(ダメージゾーン的な)に限った話でなく、ステージ全体がこの"寒さ"の対象。さすが舞台が北国なだけある。
20170328w2_twinkie.jpg

マップ上に点在する焚き火にあたればメーターは減っていくが、暖まるまで地味に時間を喰う。

…この要素は必要なんだろうか。さっさと先に進んで敵を倒したいのに、ライフを人質にキャンプを強要され、足止めを喰らう。
20170328w3_twinkie.jpg

The Wild EightThe Long Darkの様な、寒冷地でのサバイバルが主題のゲームなら分かるが、アクションRPGにそれ要らないだろと。俺は敵を倒してアイテム集めて強くなりたいのであって、焚き火で暖まりに来たわけじゃない。

開発陣が何を考えて"寒さ"の概念を導入したのか、ちょっと理解しがたい。純粋にストレス源でしかないクソ要素
20170328w4_twinkie.jpg


カメレオン的な宝箱

このゲームの宝箱は、そのビジュアルが背景と同化している場合が多々ある。いわば擬態する昆虫の如き宝箱であり、非常に見落としやすい。

隠されたルートの先に宝箱を仕込む手法はよくあるが、宝箱自体がカメレオンなパターンはあまり経験がない。すごく鬱陶しい。
20170328e1_twinkie.jpg

マウスカーソルを重ねればハイライトされるので、画面を塗りつぶす勢いでマウスをフリックすると見つけやすくなる。疲れるが。
20170328e2_twinkie.jpg

定価で予約購入したが、まさか"ウォーリーを探せ"的なゲームだとは予想できなかった。3,980円も払ってウォーリーを探したくないのでアンインストールした。開発陣に対する殺意だけが残った。
20170328e3_twinkie.jpg20170328e4_twinkie.jpg

| クソ | 12:45 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

PoE3周

アイテムフィルターによる選別あり。
20170321q1_twinkie.jpg

フィルターなし。PoE終盤のドロップ量は狂っている。フィルターというGOD機能がなかったら眼精疲労で失明しかねない。
20170321q2_twinkie.jpg

そういう訳で最高難易度までの3周が終わった。ガチな人にとって3周は単なるスタート地点でしかないが、集中と持続力に欠ける自分のようなタイプには大変な労力を要する。というか2年ぐらいやってて初めて最後まで行った。
20170321e1_twinkie.jpg

プレイヤー間のトレードで通貨代わりに使われている Exalted Orbという貴重なアイテムがあるが、3周する間に拾えたのは1個のみだった。レア過ぎる。まあトレード不可ルールでやってるので関係ないんだけど。
20170321w1_twinkie.jpg


起動すらしていないのにアカウントが停止され、気付かないうちに停止期間が明けていた。UBIから来たメールを解読するとそういう事らしい。何を言ってるのか理解は出来ないが、いっそ永久停止して欲しい。
20170321z1_twinkie.jpg

| Path of Exile | 08:33 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Path of Exile 2.6.0

Ver3.0Act5 どころか Act10 まで一気に追加されることが話題になったPath of Exile (今のところAct4が最終章)。

現在 3段階ある難易度をひとつに統合するって試みで、その結果としてAct数が激増するという流れらしいが、ともかくその大規模アプデが来るのは今年6~7月と少し先の話。



The Legacy Challenge League - Path of Exile
Solo Self-Found Support in 2.6.0 - Path of Exile

とりあえず今月頭に Ver2.6.0 になり、バランス調整や新リーグ開始など色々追加があったので久々に起動。今回のアプデで最も嬉しいのは、Solo Self Foundが公式にサポートされたところ。

以下それに関する浅い解説。自分はこのゲームをあまりやり込んでいない。というか、難易度ノーマルが終わった辺りで毎回飽きるので、正直詳しくない。故に浅いのは勘弁して頂きたい。

Solo Self Found (略してSSF)とは、文字通り徹底したソロプレイスタイルを指す。他人とトレードしない。グループも組まない。独りで掘って独りで戦う自給自足スタイル。

大前提として、PoEではレアリティが高いアイテムはガチで落ちにくい。数百時間 or それ以上プレイして1個も落ちない事例も珍しくない。Diablo2並みに落ちない。ソロでは理想の装備が揃うまでに何千時間かかるか分からない。そういった理由から、プレイヤー間のアイテムトレードが盛んな傾向にある。

そんな流れにあえて逆らう縛りプレイの一種がこのSSFである。以前は、「そういうコミュ障スタイルでプレイしてますよ」と自称するしか無かったが、今回から専用のリーグが用意され、公式に隔離 SSFプレイヤーであると証明されるようになった。Ladder(プレイヤーランキング的なもの)もノーマルとは別扱いに変更。

と言っても、SSFリーグ限定のボーナス要素などは特に無いし、飽きたらログイン画面からワンボタンで通常モードに戻せる。単なる自己満足でしかない。孤独スタイルが多少なりとも公式サポートされたから嬉しいなってだけの話。
170310q1_twinkie.jpg


言うまでもなく自分もSSFリーグでプレイを開始した。他人とアイテムをトレードしない、グループも組まない、会話もしない、常に俺独り。

ネットゲームである必要性は何処にあるのか。我ながらよく分からないが、少なくともすげえ楽しい。お布施として$30のサポーターパックを買った。走ると揺れるマントのスキンが格好良いが、具体的な効果は何も無い。
170310ifififif.gif


最近買ってしまった For Honor とかいうUBIのアナルから排出された汚物が8,000円もする一方で、これだけの大作がF2Pという事実に軽く混乱する。この世界は不条理に満ちている。というかUBIに満ちている。地獄だ。
170310q2_twinkie.jpg

| Path of Exile | 20:07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

LET IT DIEとかいうクソゲーやってたら1ヶ月経ってた

下の画像を要約する。2,000万稼いだ。装備代に500万を費やした。じゃあ残り 1,500万は何処に消えたのか。

ガチャである。1回 5万かかるので、かれこれ 300回ほど回した計算になる。

未プレイの方にはこの金銭感覚が伝わりづらいかも知れないが、平たく言えば暇人であり、アホである。俺の2017年 2月はそれだけで終わった。
170228q1_twinkie.jpg

リアルなら貯蓄という堅実な選択肢があるが、このゲームの場合はそうも行かない。

他人の拠点を荒らして金を奪えるシステムがあり、しかも相手の貯蓄額がはっきり表示された状態でターゲットを選べる。当たり前だが、貯蓄が多い相手ほど奪える額も多い。なんと犯罪的な仕様か。
170228q2_twinkie.jpg

要するに、貯め込んでる奴は真っ先に狙われる。

攻め側が有利なバランスなので、狙われたら大抵は奪われる。そうなるともう、「他人に奪われるぐらいならガチャで浪費した方がまし」という結論に行き着く。その結果が300回である。

最上位レアである★4のステッカーは1ヶ月で 3枚ほどしか出なかった。リアルマネーならともかく、インゲーム通貨で回すガチャをここまで渋く設定する必要があるのか?

ある(断言)。自分のような中毒患者が生まれているのを見る限り、このマゾ調整はむしろ大正解と言える。さすがガンホー。

念のため補足しておくと、ゲームそのものは深刻なバグと長過ぎるロードが合わさってクソ以下のクソであり、やり込む価値はない。ガチャ以外に褒めるところのないクソに頭突っ込んでたら1ヶ月経っていたという話。
170228w1_twinkie.jpg170228w2_twinkie.jpg170228w3_twinkie.jpg

| LET IT DIE | 08:13 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |