糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Carp Fishing Simulator

http://store.steampowered.com/app/366290/

タイトル通りの鯉釣りシミュレーター。現在早期アクセス中だが、今年4月のリリースから2ヶ月も経たないうちに早くも-75%で叩き売りされた先行き不安なタイトル。

デベロッパーの公式サイトにある開発タイトル一覧には、この鯉釣りとドローンのシミュレータ? の2作のみが並んでいる。釣りゲー制作のプロ集団って訳ではないらしい。

画像はスタート地点である池のほとり。なぜか池間近に車が数台駐車してある。なお乗れない。
150616x0_twinkie.jpg


まずは数本ある釣り竿それぞれに餌を付ける等して下準備をし、池の各所にキャストする。後は魚が餌にかかるまでひたすら待つだけのゲーム。
  1. 魚がかかると該当の釣り竿が点滅してアラームが鳴る。
  2. 竿を取って引き寄せて釣り上げる。ミスると釣り糸が切れる。
  3. 釣れるとオンラインの世界ランキング的なものが勝手に表示される。
  4. 釣った魚は別にどうする訳でもなく、普通にその場でリリース。
基本この繰り返し。
150616x1_twinkie.jpg
150616q2_twinkie.jpg
150616q3_twinkie.jpg
150616q4_twinkie.jpg

鯉じゃないのが釣れることも割とある。
150616q5_twinkie.jpg


場合にもよるが、釣れるまでにリアルで5~15分ぐらいを要したりする。

バックグラウンド放置でもゲーム内時間は経過するので、他の作業をするなりして時間を潰せば済む話だが、魚がかかった際に鳴るアラーム音が曲者。凄まじい大音量 & ガラスを引っかく様な不快な音質

最初はスピーカー or サウンドカードの不具合かと勘違いした。他の人がアップロードされた動画でも同様だったので、多分こういう仕様なんだろう。

魚がかかる度に不快な音が鳴り響いてびっくりするため、動画鑑賞などとの並行作業はオススメできない。現状サウンド関連のオプションが存在しないので、システム自体をミュート設定にした上で、只々画面をじっと見つめて待つのがベスト。なお、キャプチャしてみたものの実際うるさいので非再生を推奨。



操作性…というか最悪に不便なのは、ESCキーを押すと強制的にタイトル画面に戻され、それまでの進行状況が全てリセットされるクソ仕様。ランチャーからキーバインドをいじれるが、このESCキーのクソ機能を無効化することは出来ない。そしてセーブ & ロードにあたる機能は今のところ未実装。もう開発者の悪意としか思えない。

他のゲームでESCキーからメニューを出すのに慣れていると、注意していてもつい自爆してしまう。手間暇かけてセッティングした釣り場がたった1キーで消滅。鯉釣りのシビアさが再現されていてリアルだなと思った。


結論。

ESCキーの誤爆リセット及び不快すぎるアラーム音さえ改善されれば、操作のほぼ不要な放置ゲーとして楽しめなくもない。

が、鯉釣りによほど思い入れがある人以外は生涯スルーでいいんじゃないでしょうか。ちなみに僕はリアルでの釣りに全く興味ないし経験もないです。なんで買ったんだろう。
150616z1_twinkie.jpg


マップ内にある用途不明な小屋の中には、鯉を釣り上げた際の記念写真(実写。ゲームのスクリーンショットに非ず)がずらりと飾られている。

どういう意図か知らないが、並んでる鯉はどれもピラルクばりに巨大で良い感じに気持ち悪い。
150616e1_twinkie.jpg150616e2_twinkie.jpg
150616e3_twinkie.jpg150616e4_twinkie.jpg

| クソ | 11:41 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏セール2015もしくはモンスターミニゲーム

Steam コミュニティ :: モンスターサマーセール

サマーセール2015。今回のイベント枠はモンスターサマーゲーム。説明文にもあるように、AdVenture CapitalistClicker Heroesに影響を受けて生まれたクリック&放置ゲーム。

今年は2013冬2014夏のような、バッジ作成時のインゲームアイテムドロップが無い。なので割とどうでもいい。

サマセトレカを集めてバッジを作っても、貰えるのはプロフ用の背景とemoticonのみ。いらねえ。
150613q1_twinkie.jpg


参加すると約1,000人程度のチームに振り分けられてゲーム開始。クリック連打や放置により敵モンスターにダメージを与えてチームに貢献し、ステージをひたすら先に進めて行く。

そして全体の進行具合によってセール対象のゲームが増えていくって仕組み。ただ、どうもこのゲームは努力(クリック)と報酬の釣り合いが取れていない。

ミニゲームに参加して得られるメリットは以下の通り。
  1. ゲーム全体の進捗率に応じてセール対象のゲームが追加される。
  2. 参加するだけでサマーセールトレカが貰える。
  3. 進んだステージ数に応じてモンスターサマーバッジ(サマセトレカ合成時に貰えるバッジとは別もの)が貰える。
で、まず1番目。これは参加プレイヤー全体の進行具合によるので他人任せでいい。放っておいてもreddit辺りに集まった廃人チームがワールドレコード目指して進めていくだろうし、それでアンロックされたセール品は誰でも購入可能なので、自主的にプレイする必要は一切なし。

2番のトレカに関しては、参加が条件(steamレベルが最低Lv5必要)らしいので、クリックゲーではあるものの、クリックをする必要性は皆無。

3番は全体ではなく、自分が所属しているチームの進行度に依存するもの。運良く優秀なチームに放り込まれれば放置でも進んでいくし、過疎気味なチームに配属されたら移籍するか諦めた方が早い。

結局はチーム次第であり、1,000人単位の大所帯の中で、個人が多少がんばってクリックを連打したところで大勢に影響はない。
150613w1_twinkie.jpg


以上の様な感じで、どうも重要なのは良チームに配属される運であり、結局全ては他人任せの放置で済んでしまう。

クリックゲーの肝であるクリックをする必要性があまり無い。

せめてチーム間の競争を促したり、個人のクリック数や貢献度をランキング化して自己顕示欲を煽るような要素でもあれば、多少はプレイする意欲が湧くんだけれど。

まぁ要するに何が言いたいかってインゲームアイテムをくれってことです。
150613w3_twinkie.jpg

それと、この討伐バッジで貰えるExpには最大200Expのキャップがあるようで、ステージ450だか600以降はいくら進めてもそれ以上のExp増加は望めないらしい。

なのでバッジがExp200まで育ったら実質クリアと考えて問題ない。
150613w2_twinkie.jpg


Steam Card Exchange :: Showcase :: Monster Summer Sale

例によってサマセトレカとモンスター討伐バッジのバリエーションだけは異常な数が用意されている。討伐バッジは確認されているだけでもLv300,000まである。

ハズレチームの場合は24時間かけてもLv1000にすら届かないのに、Lv30万とか正気の沙汰とは思えない。そんなことをしてる暇があったら積んでるゲームを崩すか寝るべき。
150613t1_twinkie.jpg

| Steamトレカ | 09:42 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナイフ

最近は新作ゲームを買う気力も無く、やる事と言えばアイマス放置でトレカ回収、あるいはCS:GOのIdle鯖放置で箱回収。俺本体は布団でぐったり。

こういう寝たきり老人と大差ない暮らしをしていると、Steamウォレットに小銭ばかりが貯まっていく。どうせプレイしないゲームを買うよりも、その小銭でガチャを回そうってことでCS:GOの箱を開けた。
150605q1_twinkie.jpg

当たった。このゲームは未プレイな方々に説明すると、ナイフのスキンは課金ガチャにおける最上位のレアであり大当たり。ちなみにシミュレータでは$1,000以上回しても出なかった。漫画によくある商店街の福引きで言うなら海外旅行。
150605q2_twinkie.jpg

Steam コミュニティマーケット :: ★ Falchion Knife | Slaughter (Minimal Wear) の注文

最近追加されたスキンで、まだあまり値下がりしていないためか、えらい高額で取引されている。これを書いている現在の相場では最安で3万9千円前後。ただのスキンに3万9千円。ただ武器の見た目が変わるだけのものに3万9千円。
150605w1_twinkie.jpg


Steam コミュニティ :: ガイド :: CS:GO | Knife Patterns
自分は放置鯖での放置が専門なため詳しく知らないが、同じスキン&同じレアリティの中にも個体差があるらしい。それぞれ柄の位置などが微妙に異なっており、それ次第では相場が変わってくると。

「この個体は柄の配置がハートマークに見えるから相場より高め」とかそういう世界(多分)。つげ義春の有名な漫画で、拾った河原の石を売って生計を立てようとする無職親父の話があるが、何となくそれを思い出した。価値観の相違ってラインを通り越して異世界に入り込んだレベル。文化が違いすぎる。

ところで課金アイテムに対する許容範囲のひとつとして、「キャラの見た目が変わる程度ならOK」的なものがある。要するに、「キャラの強さやゲームバランスに影響を及ぼさないものなら有料でも構わない」という趣旨。

自分もこれに同意見だったが、3万円ともなると流石に立ち位置がブレてくる。無課金勢よりも万札を3枚も多くぶっ込んでる訳で、それでサービス内容が同じってのは理屈に合わない。

支払った額によって待遇が変わってくるのは、風俗や風俗などからも分かるように社会の常識と言ってもいい。ならばFPSにおいても、無課金勢が豆鉄砲で慎ましく殺し合ってる中で、俺(3万円)だけはSOLの使用を許可されるぐらいのボーナスはあって然るべき。
150605w2_twinkie.jpg

実際は迷わず即売りしたので、あまり偉そうなことは言えない。

コミュニティマーケットの出品では、売上から15%の金額(Valveへの手数料5%+パブリッシャーの取り分10%)がゲイブ税として差っ引かれる。

これだけ高額になると15%は非常に痛い。納めたゲイブ税の多寡次第ではチートしても怒られないとか、そういったブルジョア優遇制度を設けて今以上にマネーを搾り取っていくべき。
150605w0_twinkie.jpg

| クソ | 13:02 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

KF2とかいうゲーム

GTAV以降やりたいゲームが特に無いので、更新するネタも当然ない。

オープンワールドで自キャラがモンスターに変身可能で、更には自宅のカスタマイズまで詰め込んでる期待のハクスラ Umbra のKickstarterには迷わず$35ほどぶっ込んだが、リリースは遥か先の話。現状やること無いのには変わりなし。

他に買った新作と言ったらKilling Floor2ぐらいだが、リリース当初は話題になったものの、アップデートの頻度が遅すぎて一気に失速した感が凄くある。

発売から1ヶ月以上経って追加されたのがマップ1つのみってのは流石に厳しい。同じアーリーアクセスのH1Z1とは更新速度が雲泥の差。あえてHSせずに手足吹き飛ばすのは楽しいが…。
150428he2.gif150428a2.gif
150428le2.gif150428ch2.gif


HUGE April Updates! | H1Z1 | Zombie Survival MMO For PC
Zombie Slaying Weapon of Choice: Crossbow | H1Z1 | Zombie Survival MMO For PC

そういう訳でH1Z1のアップデート頻度は軽く狂ってる。ちょっと目を離すとコンテンツが増えてる。
  • プレイヤーキャラに女アバターが追加。
  • CS:GO丸パクリのスキンが当たる課金ガチャが実装。
  • そのガチャで得られるスキンがSteamマーケットプレイスでの売買に対応。現在最高値の武器スキンは釘バット
  • 新武器としてダリルなクロスボウも追加。
EverquestやPlanetside2のようなMMOタイトルを運営しているだけあって、開発環境の規模からして桁違いなんだろうか。このスピードの10分の1でもTripwireにあればいいのにと思いました。
150601q1_twinkie.jpg 150601q2_twinkie.jpg

| Killing Floor | 13:14 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |