糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

DI:Riptide

WD:Survival Instinct:
敵のバリエーションが一種類でAIもリアルにゾンビ並み。ゾンビ物としてはある意味正しいがゲームとしてはクソ。

Defiance:
内容が薄い癖にバグは満載(一部ミッションが正常進行できずクリア不可能・スキルレベルがリセットされる・敵撃破数がリセットされて実績ゲッター発狂etc)。バグ修正に追われて追加コンテンツは未だ来ない。$60で買える災厄。

買った新作タイトルがことごとく地雷という状況が続いている。最近プレイした新作の中で最も楽しめたのはF2PのWarframe。基本無料なのに上の2つより余程よく出来てる。

お布施の意味で$50のFounder権も買っておいた。特別仕様のExcalibur Primeが貰える特典付き。でもゲームの方は資金稼ぎがだるすぎて投げ出し気味。1面のボスを秒殺してはabortする作業の繰り返しに疲れた。
130426_twinkie.jpg


もう旧作とF2Pだけ遊んでいた方が無難に思えてきたが、懲りずにDeadislandの続編を買った。前作は世間的な評判は微妙だったものの、個人的には大当たりの部類。その続編となると買わずにはいられない。

前作はメニュー画面と実際のゲーム画面とでマウスセンシに差がありすぎて、外部ソフトで調整しないとまともにプレイできない酷い有様だったが、今作ではその辺は修正されている。ただ、敵の頭に吸い付くようなAuto Aimと狭い視野は相変わらず。この辺はまぁCSマルチの弊害というか…。

一応FOVの方は設定ファイルの数値を変更することでどうにか出来る。riptide版のDI Helperが早くも公開されてるのでそちらでも可。

今回は難破寸前の船からゲームが始まるので、当然ながら視界の方も激しく揺れ動く。デフォルトの状態でプレイしてみたが、船のパートが終わる前に3D酔いして軽く寝込んだ。

なので視野の拡張は必須という話。
  1. インスト先/diriptide/DIフォルダにある"Data0.pak"を7zip等で解凍する(steam版のデフォでは/Program Files/Steam/steamapps/common/diriptide/DI)。
  2. ドライブ名/My Documents/riptide内に"data"というフォルダを作り、更にそのdata下に"skills"というフォルダを作る。
  3. 1.で解凍したフォルダの中にData/Skills/default_levels.xmlというファイルがあるので、それを2.で作製したMy Documents/Riptide/data/skills内にコピー。
  4. 3でコピーしたdefault_levels.xml(My Documents/Riptide/data/skills/default_levels.xml)を開き、"prop n="CameraDefaultFOV" v="62.5"を好みの数値に変更して保存。

130426x1_twinkie.jpg130426x3_twinkie.jpg130426x2_twinkie.jpg

| Dead Island | 16:40 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

需要が限りなくゼロに近いDefiance日記

EGOランク(このゲームにおけるLvの単位)が1000を超えた。何処まで行っても微妙なゲームなのは変わらず。

キャラのLvが上がると、スキルスロットが増えて多少有利になるが、他のメリットはほぼ無い。ステータス値がないのでキャラの性能自体は上がらないし。

そういう意味ではRPGではなくTPSなんだけど、ゲームの内容的にはMMORPGだから支離滅裂。自分も敵も一定の強さのままの変わり映えがしない世界で、延々と雑魚mobの頭を撃ち抜く作業が続く。

これがRPGであれば、"高Lv専用の強力なスキルorアイテム"のような目標があるものだけど、このゲームにはそれが一切ない。前述のスキルスロットの拡張と、後はキャラのコスチュームぐらい。プレイし続けるためのモチベを維持する要素がどこにもない。
130414s1_twinkie.jpg


短いメインクエストを終えたら、現状ではサイドクエストかPvPぐらいしかやることがない。

PvPはフィールドMAPとは別の専用エリアで行われる別段特徴のないマルチプレイ。サイドクエストはメインクエの焼き直しというか使い回し。指示される内容も場所も出てくる敵も同じなので、実質メインクエをリプレイしてるのと変わらない。後はよくある4人co-op。

「じゃあ他に何かやることは…」ってことで武器スキルを上げる。武器の種別ごとにスキルLvがあって、使い続けるとランクupしてボーナスが付く定番のシステム。
130414b1_twinkie.jpg

軽く試してみた感じでは、与えたダメージ量に応じて入るExpが増えるようなので、ライフが多くて柔らかい(=大ダメージを与えやすい)mobが最適。Hulkerというサイドクエのボス的存在をひたすら撃ち続けてれば割とすぐ上がる。
130414b2_twinkie.jpg

ただシステム面に多少ややこしい所があり、キャラの武器スキルとは別に、武器ごとの個別の熟練度のような数値が存在する。これはアイテム欄に表示されてるゲージで確認できる。
130414x1_twinkie.jpg

ここで厄介なのは、この熟練度ゲージがMaxになったら、以後はその武器を使ってもスキルは一切上がらないって点。武器スキルupのためには、別の新たなゲージ0の武器を調達しないといけない。

なので、レベリングの際にはNPCベンダーから未使用の銃を大量に仕入れて、ゲージがフルになる度に使い捨てることになる。今までゲーム内通貨の使い道が見つからなかったが、まさかこんな所で大金を使うことになるとは…。

早い話、一つの武器だけを使い続けていたらスキルは上がらない。気に入った性能の銃をゲットできたとしても、ゲージがMaxになった途端にお蔵入りする羽目になる。不可解なところの多いこのゲームの中でも、このシステムは特に意味が解らない。ハクスラ的なランダム性能のアイテムと絶望的に相性が悪い。

今月15日に最初の大型アップデートがあるようなのでそれに期待するか、もしくはアンインストールぐらいしか選択肢がない。「ドラマの宣伝のためにでっち上げたクソゲー」って罵倒が喉から出かかってる。
130414x2_twinkie.jpg

| クソ | 18:54 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Defiance

ふとネットゲームがやりたくなって買ったDefiance。ジャンルはMMOTPSのようなもの。基本はPvEだがPvPも一応ある(専用エリアでのみ。PKはなし)。

F2Pではなく本体有料の$60で月額は無料。開発はRiftのTrion Worldsだけど未プレイなのでよく知らない。

結論から先に言うと、かなり退屈な内容でしかもボリューム不足。ある程度売り切ったらF2P化する未来しか現状からは予想できない。獲得Expが倍増する類の課金コンテンツもきっちり販売されている。
130409e1_twinkie.jpg


ゲームシステム

システム面はBorderlandsに多大な影響を受けてる。というか丸パクリ。装備できるアイテムは銃、ハンドグレネード、シールド(盾ではなくバリア的なもの)、あと乗り物の4種。

アイテムにはレアリティがあり、アイテム名の文字色(白→緑→青→紫→橙)で質を判別できる。炎や雷に酸といった何処かで見たような属性が付いてる物もある。死亡するとセカンドウィンドが発動して一度だけ復活可能。
130409z2_twinkie.jpg

ゲームの流れはクエストをこなして報酬にExpとアイテムを貰うMMORPG的なもの。全体的にコンテンツが不足気味なゲームだけど、クエストのバリエーションも例に漏れず貧相。基本以下の2種類の使い回し。

  • 敵の施設に侵入して目標をどうにかする(破壊・ハッキング・奪取etc)
  • 所定の時間まで敵の攻勢に耐える
130409s1_twinkie.jpg130409f2_twinkie.jpg


自キャラが成長しないMMORPG

普通のRPGではプレイ時間に比例してキャラが強化されていくが、このゲームの場合はひたすら平坦。いくらプレイしても劇的な変化というものがない。

極端な話、作ったばかりの初期キャラと、数十時間かけて育成したキャラを比較しても、性能にあまり差が出ない。成長要素が一切ないって訳ではなく、Lvアップ・スキルポイントの割り振り・武器ごとの熟練度といったシステムはちゃんと存在する。

ただ、初期から使える4種類のアクティブスキル以外は全てパッシヴスキルなので、効果が地味なものが多い。ポイントを最大限まで注ぎ込んでも、"特定の状況で被ダメを10%軽減"とか"ドロップ率が3%アップ"程度のしょぼい恩恵しか得られない。一部の鉄板スキルを除けば大半が空気。

装備品の方も似たようなもので、初期武器だろうと超レアな銃だろうと、単純なDPSはほぼ変わらない。レアリティが高いアイテムには特殊なModが付いたりするが、戦力になる有用なものは少ない。
130409z1_twinkie.jpg

×RPG ○TPS

要するにこのゲームは対人戦での公平性を重視しているようで、低Lvのキャラでもベテランと対等に戦えるパワーバランスになってる。

PvP専用のゲームならそれでも問題ないが、内容的にはMMORPG寄りのPvEが主体なので、ゲーム性が軽く崩壊してる。

どれだけLvを上げようと差が開きにくい=自キャラが強くならない訳で、何を目標にクエストを進めて行けばいいのか解らなくなる。ランダムドロップのアイテムはどれも店売りの物と大差ない性能なので、トレハンをする必要性もあまり無い。

下の画像は最高位のレア銃(強化済み)と店売りの銃を比較したもの。基本dmgとファイアレートとリロード速度が全く同じ数値な時点で「もうどっちでもいいわ」って気分になれる。武器に関してはどれも概ねこんな感じ。
130409f1_twinkie.jpg



メインクエスト完了

メインクエストを進めて行ったらボス戦に辿り着いた。このボスの攻撃判定が詐欺じみて広くて妙に手強い。しかも無駄に第三形態まである始末。鬱陶しいボス戦だけはボリュームたっぷりで、他のコンテンツは軒並みスカスカ。逆だろそこ。
130409b1_twinkie.jpg

ちなみにボスの飛び道具は柱を盾にすれば完全に防げる。なので柱の影に隠れてショットガン乱射してるだけで終わる。

そして、どうもこれが現状のメインクエストのラストらしい。放置と寄り道を含めても計20時間ほどで終わった。MMORPGとは思えない短さ。

今のところフィールドマップのほとんどが未解禁でかなり狭いし、これで$60は正直ない。
130409b2_twinkie.jpg


ランダムイベントはちょっと面白い

固定のクエスト以外に、Arkfallという不定期イベントがある。少人数では倒せないような強力なボスmobがフィールドマップ上に沸くというもので、倒すとレアリティの高いアイテムと大量のExpが貰える。

なのでマップ中のPCが一箇所に集まってえらい事になる。こういうMMOならではのイベントだけは面白い。
130409a1_twinkie.jpg130409a2_twinkie.jpg

同名のドラマとタイアップしてるとかで、ドラマ版の主人公であるおっさんと共闘できるサイドクエストもある。勿論このクエストも短いのですぐコンプリート可能。

ドラマ版の初回放送日が4月15日って事もあり、「それに合わせてゲームの方も見切り発車したんじゃね?」と勘繰りたくなる程に未完成。段階的にコンテンツをアンロックしていく形式なのかも知れないが、少なくとも現状はすぐにやる事が尽きる。
130409q1_twinkie.jpg


そういう訳で、同じTPSでもWarframeやってた方が楽しい。
  1. 敵倒して素材ゲット
  2. 武器や追加キャラを作ってパワーアップ
  3. また敵倒して略
この流れを延々繰り返すPSOライクなF2PのMOTPS。無課金で追加キャラを作製するためにはリアルタイムで3日を要する辺りが凄まじい。課金すればその瞬間に作製完了。マネーの偉大さを実感できる。
130409d1_twinkie.jpg

| クソ | 16:13 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |