糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハロウィン2011

Killing Floor Halloween Sideshow Event
steamのハロウィンセールに合わせてKFが恒例の期間限定イベントを開催。
例によって敵がイベント仕様になり、実績解除でプレイヤーキャラのスキンアンロック。
111028b3.jpg

Team Fortress 2 - Very Scary Halloween Special
同時にTF2もハロウィンイベント開催。
111028b1.jpg

Steam:Railworks 3 Trains Vs Zombies DLC
それとついでにSpiral Knightsもハロウィン祭開催中。
ログインすると無償でイベント仕様のアクセが貰える上に期間限定のマスクも販売中。
この時期は本当に忙しい。
111028a1.jpg111028a2.jpg111028a3.jpg

| 未分類 | 23:40 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dungeon Defenders

もう何度延期されたか覚えていないが、ようやく発売されたDungeon Defenders。

最近よくあるF/TPS+TDというジャンルに、ハクスラ的なレベルアップやアイテム収集要素をプラスした贅沢なゲーム。リリース当初はOSの言語が日本語だと起動しなかったりと散々だったが、何度かパッチが当たり安定して来たので起動。
111020c2.jpg111020f3.jpg

キャラは禿モンクを選びたかったが最も難易度が高いキャラのようなのでスルーしてWizをチョイス。
111020a1.jpg111020a2.jpg
111020a3.jpg111020a4.jpg


ゲームの流れとしてはまず建築パートでタワーや壁を設置し、一通り防衛体制が整ったら戦闘パートを開始させる。

後は攻め込んでくるMobをタワー+プレイヤーキャラの攻撃でもって迎え撃つ。全ての敵を撃破できたら目標達成。

逆にエリア最奥まで攻め込まれてコアクリスタルを破壊されたらゲームオーバー。

戦闘パートはWave制で、そのWaveの攻勢を耐え切れたらまた建築パートに戻る。バトルで得た資材で防衛設備の修理や増設をし、終わったらまた戦闘パートへ。

レベルによるアンロックもあり、建築できる設備の種類や使用できるスキルが増えていく。

序盤のイージな難易度の中で適当にやっていたら、最後にボス的存在が登場、防衛ラインを全て突破されてゲームオーバー寸前までいった。見た目のゆるい雰囲気に反して意外と甘くない。
111020c1.jpg111020f1.jpg

装備品の性能はランダム。敵のドロップ品や毎waveごとに設置される宝箱から入手できる。
111020z1.jpg

ミッションの合間にショップで買物をすることもできる。ミッション終了後は余った資材で装備品の強化も可能と、RPGぽい要素も満載。

散々延期した挙句にリリース当初は動作も不安定と、これまで不安要素だらけだったが、実際やってみると割と楽しめそうな出来。
111020z2.jpg111020d1.jpg

| Dungeon Defenders | 17:52 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011/10/19

TF2がクラッシュしすぎてゲームにならない。
111018.jpg

| 未分類 | 14:18 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Rage一周

Rageをとりあえずクリア。2日ほどで終って総プレイ時間は約13時間。正常にプレイできる様になるまで試行錯誤していた時間の方が圧倒的に多い。

RPGぽい要素を絡めたゲームでこのプレイ時間となると、流石にボリューム不足な印象。異常なボリュームを誇るDead Islandの後にプレイするとちょっと物足りないものがある。

ゲーム後半で作成できるようになる補助兵器のセントリーロボットがやたら強力で、雑魚は全てロボに任せて進んで行き、気付いたら終わっていた。
111013x1.jpg

終盤で敵の本拠地に乗り込むと、途端にステージの雰囲気がSF風味にチェンジ。

猛進するセントリーロボを後ろからサポートして雑魚敵のラッシュを乗り切り、軽く一息ついた所でカットシーンが挿入される。眺めている内に、それがEDシーンだと気付いた時には只々唖然とした。ラストバトルが雑魚戦かよと。

ストーリーを進めていく中で、敵のボス的存在が明らかになったので、当然そいつを倒してゲームクリアだと踏んでいたが、結局最後までそのボスは姿さえ現さなかった。雑魚ラッシュのラストと比べれば序盤の巨大ミュータント戦の方がよっぽど派手だった。後半になって息切れした感が凄まじい。

2番目の街(というか2番目=最後の街)到着以降は、クエスト数が露骨に減る。それに伴ってストーリー展開も駆け足になって行き、いきなり敵の本拠に乗り込むことになり、唐突にエンディングに突入する。ジャンプの打ち切り漫画みたいなゲームだった。もし続編を作るとしたら今度は普通のFPSをお願いしたい。
111013a3.jpg111013a2.jpg

| クソ | 16:39 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT