糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Terraria

Terrariaがリリースされたので早速プレイ。
ランダムに自動生成されていく世界で土を掘り進み木を切り倒し、得た資材で家でも何でも建てるなりして好き勝手に遊ぶ。
何と言うか露骨にMinecraftを意識した2Dゲーム。
twinkies0517a1.jpg

一つ便利な点としては、
オリジナルでは材料をレシピ通りに並べなければアイテムを作成できない仕様だったが、
Terrariaでは作成可能なものが自動で表示される。
この辺の手軽さは好み。
twinkies0517a2.jpg

視界が限られた一人称視点の作品と違い、画面全体が見渡せる2Dタイプでは、未知の場所を掘り進んでいく楽しみが無いように思えるが、その辺もきっちりフォローされている。

プレイヤーキャラの周辺以外の地中は真っ黒に塗り潰され、実際に掘ってみるまで何が埋まっているか分からない仕様。$10と安めの価格帯で見た目もチープだけれど、意外と細かいところまで気が利いてる。
twinkies0517a3.jpg

自キャラを視認できるということもあり、スタート時にある程度のキャラクターエディットをすることが可能。髪型、髪色、肌の色、服の色、etc。SFC全盛期の輝いていた頃のスクウェア製RPGを彷彿とさせるキャラグラフィック。
twinkies0517x1.jpgtwinkies0517x2.jpg


木を切って得た木材で作業台を設置し、夜に備えてタイマツを燃やす。明かりなしの夜は例によって何も出来ないレベルの暗さ。
twinkies0517b1.jpgtwinkies0517b2.jpg

本家と同じく夜になると昼間は現れない強めのモンスターが沸く。早くもゾンビに襲われ喰われかける。
twinkies0517b3.jpg

即席の洞穴を掘って壁で囲みタイマツを設置。これでひとまず夜を越せると安心した矢先にゾンビが沸く。空飛ぶ眼球が何処からか侵入してきて襲って来る。結局家の中に居ながらにして殺された。

まだ殆どプレイしていないが、少なくとも本家より物騒な世界だということは理解できた。
twinkies0517c1.jpgtwinkies0517c2.jpg

そんなような感じで本当に何から何まで徹底的にMinecraftを踏襲している作り。
で、当のnotchのリアクションはと言うと、
>Twitter / @Markus Persson: Niiiice...
トレイラーを見て普通に褒めてた。心広いなこの人。

| 未分類 | 10:44 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Darkspore雑感

ぼちぼち飽きてきたDarkspore。ステージ6以降は高難易度な2周目が始まるが、以降はマップもボスも全て1周目の使い回し。流石にだるい。
twinkies0512v1.jpg

結構な時間をかけて連戦し、終了後のダイスロールでも高い目を出したにも関わらず、出たアイテムの性能が微妙だと心が折れる。それでもやはり、ドロップ品や宝箱から得るアイテムよりも、クエスト後の報酬の方が質が高い。

「ならもう報酬だけを目当てに、道中の雑魚敵なんかはガン無視で良くね」という流れを経て、最後の方は常にノンストップでマラソンしていた。たまに強制戦闘があるが、それ以外は走り抜けた方が早い。
twinkies0513a1.jpg


システム的には割と独特なゲーム。この手のジャンルによくあるシングルはローカル / マルチのみオンラインでという方式ではなく、それらの区別がない完全なオンラインゲーム。

なのでソロでもネットを経由するためかちょっとラグい。それと毎度のログインが多少面倒臭い。
twinkies0512.jpg


まずは恐らくこのゲームの最大のマイナスポイント。マルチプレイのマッチングがこれ以上ないぐらいに酷い。

サーバーブラウザ的なものも何もなく、条件付けもできない全自動のクイックマッチングのみ。
twinkies0512z2.jpg

ここまではまだよくあるが、加えてこのクイックマッチングが、何と言うか物凄く気が早い。

マッチングを開始して2人揃った時点で締め切ってしまうことが殆ど。最大4人まで一緒にプレイ出来るはずだが、この早漏マッチングが原因で、大抵は2人~極稀に3人までしか集まらない。自分は数十時間プレイしたが、結局4人揃ったことは一度もなかった。
twinkies0512x3.jpg

なのでグローバルチャットでは常にLFGメッセが飛び交っている。まともなマルチプレイをしたい人は手動でメンバーを集めるしかない。

個人的にはMMORPGだろうと限界までソロで遊ぶ派なので構わないが、これだけネトゲ的な体裁を取っておいてこれはないと思う。

他にもプレイヤー間でのトレード機能が一切なく、アイテムを拾う際の自動選別機能もない。ゲームシステム的に不便な点が多い。
twinkies0512z1.jpg


ちなみにマルチプレイではソロにはない特殊な攻撃を使ってくる敵が現れる。

強力なStunかSnareみたいなもので、これを喰らったプレイヤーは一切の行動が取れなくなる。自力では脱出することは不可能で、その間もライフはガンガンに減っていく。

要するに、この状態になったらもう他人に助けてもらうしかない。助け合って進みましょうという協力プレイ推奨要素なんだろうけれど、効果が強力すぎて押し付けがましく感じる。単独行動は許さない的な。必ず二人組みを組んで遊びなさい的な鬱陶しさ。
twinkies0512z3.jpg


レベルを上げてスキルポイントを振って好みのビルドを創っていくという従来のシステムを全排除し、全100体のキャラを使い分けていく方式を採用したのは面白い。

ただ、これも全てが別々の独立したキャラというわけではなく、既存キャラのスキルやステータスに軽いマイナーチェンジを加えただけのものが多い。ここら辺もちょっと水増ししてる感がある。
twinkies0512c1.jpg

Darkspore for PC Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic
割と好き放題やれるクリエイトは面白おが、他が軒並み微妙で不便・不親切。メタスコア60台も納得のいく微妙な出来。$50はちょっと割りに合わない。
twinkies0513x1.jpgtwinkies0513x2.jpg
twinkies0513x3.jpgtwinkies0513x4.jpg

| Darkspore | 07:50 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

TDU2 DLC第一弾

TDU2 PC版 Wiki*
ようやく大型パッチ第一弾が適用された。

リリース当時は鯖不調が騒がれていて、そのお詫びとして最初のDLCを無料で提供するという話が出ていた。それが3ヶ月程経ってようやく配信されたと。内容は大半がバグFixで、自分としてはあまり興味が持てない。

>・バイクディーラー、オークションホール、新たなアパレルショップが「建設中」状態でマップに追加
>・DLC2で登場するマシンがディーラー店頭に登場(購入は不可)


この辺の誰が得するのか理解できない細やかなアップデートもきっちりなされている。馬鹿にされてるとしか思えない。とは言え暇なのでバイクのディーラーを見学しに行く。
110506a2.jpg

場所はイビサ島中央のAsian Carsを北上したところにある交差点付近に一件、もう一件は東端のBritish Carsから少し西に行った交差点付近。
110506b1.jpg110506b2.jpg


建設中ということで重機や大型トラックが停まっている。壁で囲まれていて敷地内に入ることはできない。掲げられている看板にはComing Soonの文字。とても信用できない。
110506c1.jpg

久しぶりに起動してこれだけで帰るのもあれなので、Veyronで加速をつけて壁を飛び越え強引に不法侵入。
110506c2.jpg

壁の内部には資材などがあるのみで、バイクのモデル等は見当たらない。コンクリートブロックが積み上げられ、何台かのブルドーザーが置かれ、作業員のプレハブ小屋まである。無駄に凝った作りが、「それより他にやることあるだろ」的な苛立ちを感じさせてくれる。
110506d1.jpg110506d2.jpg

もう一件のディーラーは正面から普通に侵入できるが、中身は大して変わらず。
110506a1.jpg


日本語版のリリースとバイクの実装、どちらが先になるか微妙になってきた。この際だから日本語版の目玉として初回特典にバイクDLCでもつけて売ればいいんじゃないだろうか。買わないけど。
110506e1.jpg

| TDU2 | 06:07 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

TDU2半額

Steam:Test Drive Unlimited 2

SteamでTDU2が20USD。セールではなく、定価が$20にプライスダウン。
110503.jpg

3ヶ月程前に$40で買った覚えがあるけれど気のせいだろうか。発売して数カ月で早くも定価が半額。RedFaction Guerrilla程ではないにしても、何この仕打ち。
110503a.jpg

リリースから数週間は頻繁な鯖落ちに悩まされ、カーディーラーへ行けば、「ここはDLCカー予定地ですm(_ _)m」と言った風な空きスペースが幅を利かせている。

というか、展示車よりもむしろ空きスペースの方が大きく場所を取っており、「これは本当に製品版なのか…」と暗澹とした気分でディーラーを後にする。ついでに言えば、そのDLCの追加車はいつになってもリリースされず。従って空きスペースも埋まらず。

そんなまさに有料ベータと言っていい体験をさせられた挙句、定価で買った初期ユーザーを指差して爆笑するかの様なこの仕打ち。なんだこれ。…なんだこれ。

The Next Patch is Almost Here! | Test Drive Unlimited 2 Official Website

ちなみに4月13日に大型パッチのアナウンスが出されたが、三週間程経過した現在、当のアップデートは未だになされていない。何がAlmost Here!なのか。
110503b.jpg

| TDU2 | 06:26 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |