糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Darkspore

そういう訳で日本でもDarksporeがリリースされた。

やはりCyberはかっこいい。ライトセーバー持ってるし。ベータからの変更としては、まずキーバインドが変更できるようになったこと。
110429a1.jpg

グラフィック設定も同じくいじれる様になった。全てHighに設定すれば、最大限にズームアウトした状態でもベータの頃に比べてキャラの造形なんかが視認し易くなった。
110429a4.jpg110429a3.jpg


予約特典の角とマスクとプロテクター。性能的には初期装備としては優秀程度のもの。ベータ時のデータは当然ながらワイプされていて、またチュートリアルから始めるのがちょっとだるい。
110429bx1.jpg110429bx2.jpg

| Darkspore | 19:59 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Killing Floor と The Potato Sack

Steam で 61% オフ:Portal 2 + The Potato Sack
リリース時期がエイプリルフール付近だったこともあり、てっきりそれに絡めたネタかと思ったが、要はPortal2の宣伝だったThe Potato Sack。

Valve PotatoFoolsDay ARG Wiki - Valve ARG
新作ゲームの宣伝のために、これだけの数のゲームを巻き込んでアップデートする。PS3とのクロスプラットフォームなんかも含め、ValveのPortal2にかける熱意は半端ない。


KFではトレーダーのリストの最下部に$70000もするポテトと実績がさりげなく追加されている。ゲーム中で最も高価な武器が$4000ぐらいなので、常識的に考えて買える額じゃない。
110414x2.jpg

Killing Floor - Valve ARG
GameBanana: Perk Leveling V4
単純に買うだけなら、札束が無限に湧くレベリング用マップを導入すれば普通に買えるものの、当然White Listには含まれていないので実績は解除されない。

正攻法としては、実績解除が目的の鯖に入り、全員で落ちている武器を集めて回って金を貯める。それが面倒なら上記の海外WikiにあるようにDedi鯖立ててチートコードを入力してポテトを買えば解除できる。
110414z1.jpg

ポテトを買うとSteamのプロフィールにジャガイモマークが付く。他にも今回のARGに関連するゲームで条件を満たせば付くみたいだけれど、面倒でやっていないので詳しくは知らない。
110414v4.jpg

Portal-Infested Killing Floor Content Released - Killing Floor Co-Op Survival Horror

他にもトレーダーの姉さんが何か機械的になった上に、わざわざPortal風の新マップApertureが追加された。
110414a.jpg

途中で飽きて投げ出したのでPortal1はいまいちよく知らないが、とにかくプレイ。
110414v1.jpg

110414c2.jpg110414c4.jpg
110414e1.jpg110414f2.jpg
110414c3.jpg110414f3.jpg


Portalにも登場した、乗るとドアが開く重量感知式のスイッチ。スイッチから降りればドアが閉まる。キューブブロックを載せて重しにしようにもKFにはそんなモノはなく、ソロだとどうしようもない。
110414g1.jpg

ちなみにこのスイッチはSpecimenの重量に反応して開閉したりもする。
110414g3.jpg

Specimenが通過する時はスイッチのオンオフ関係なく問答無用で開くようなので、それを利用すればソロでも強引に通れなくはない。
110414gv3.jpg

中には武器や弾薬に加えて破壊可能なシャッターがある。破壊すると穴が開くのでダイブすると今回のARG関連のシークレットルームに行ける。結構な高さがあるのでダイブ前に回復しないと死ぬ。
110414v5.jpg


トレーダー内。タレットがこっちを凝視していてどうにも落ち着かない。
110414c1.jpg110414f1.jpg

この筒状の機械は只の飾りかと思ったら底の部分が開閉してSpecimenが沸く仕組み。他にもそこら中の天井が壊れていて侵入口になってたりと、敵のSpawn箇所が多くて結構しんどいマップ。
110414v2.jpg

SFチックな見た目に反して普通に溶接可能なドア。
110414d1.jpg

Patも何か近未来的ルックスになってはいないかと期待したが、いつも通りだった。画像の数秒後、敷き詰められたパイプボムの絨毯を踏んで敢え無く殉職。南無。
110414d2.jpg

YouTube - Portal - Credits Song 'Still Alive'

新マップ関連の実績も追加。実績名はStill Aliveの歌詞からの引用。
110414v6.jpg

| Killing Floor | 19:27 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Darksporeβ 4回目

クエスト後のダイスロールでピンポイントに100を出せたらレアアイテムゲット。出せるかそんなもん。
110405.jpg

とか言ってたら99が出た。ファック。
110405a.jpg


またロボットが出てきた。属性というか種族として、Cyberというメカ族がいるらしい。
110405b.jpg

通常攻撃が範囲狭めな全方位攻撃のマシンガン。スキルは範囲広めの全方位攻撃。AoE特化の完全な雑魚処理要員。雑魚処理キャラと回復持ちのTankがSquadに居ると楽でいい。
110405b1.jpg110405b2.jpg

あとは移動のモーションがかっこいい。
110405bx.gif


そんな感じで日本時間では5日の明け方にオープンベータが終了。群がる敵をまとめて倒す爽快感や、アイテム収集の楽しさは文句なしだったものの、気になる箇所もいくつかあった。

・オプション項目にキーコンフィグがない。
これはいくら何でも製品版で追加されるはず。

・収得アイテムの自動分別システムがなかった。
色付きのレアアイテムのみを拾い、ノーマルの屑アイテムはスルーするような機能がないとちょっと不便。

・ステージ数が少なすぎる。
1ステージ計4面(1-1~1-4)で、オープンベータVerでは6-4までしか確認出来ず。製品版もこのままだとするとステージ数が少なすぎるような。気がしなくもない。
110405c.jpg

あとはキャラクターの外見。

エディット画面では細かいパーツ等まで判別できても、クエスト中のズームアウトした画面になると、キャラが小さいこともあってエディットの成果がいまいち確認しづらい。

Pre-purchase Darkspore on Steam

Steam版の予約特典はHeroの早期アンロックと特別な装備。

Heroの方は、本来はレベル11ぐらいでアンロックされるMaldriというキャラを最初から使えるというもの。Dexタイプの使い易いキャラではあるが、普通にやってれば使えるようになるので大した特典ではない。後は装備が欲しいかどうか。

性能的には大したことがないが、
>+10% XP Gained
>+20% Chance to Find Items
この辺の付加はちょっと欲しい。
110405x1.jpg

| Darkspore | 16:32 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Darksporeβ 3回目

使用キャラクターは表示を見る限り全100体も居る。ただ、レベルに応じて段階的にアンロックされる方式なので、序盤は使える数が少ない。適当にアンロックしていたらロボットが出てきた。何でもありか。
110401z9.jpg

攻撃手段は遠距離攻撃のミサイル。発射レート低めで高威力。かっこいい。遠距離タイプなので接近されるとすごいもろい。ポンコツ。
110403a1.jpg110403a.jpg


以前の記事で、「ちょっとカスタマイズ性低いんじゃね?」的なことを書いたが、ゲームを進めていくと派手な外見の装飾品や武器・手足といったパーツが手に入るようになり、キャラの外見を劇的に変化させられる。

画像では足部分を象皮症みたいな見た目のパーツに換装している他、武器を拾ったかっこいい斧に持ち替えている。

ベースとなるボディが大前提という縛りはあるものの、それ程悪くない。本家Sporeに比べれば自由度という点で見劣りするかも知れないが。
110403b1.jpg
110403b2.jpg


ただまぁ、ルックスをいじったところで、戦闘中はごちゃごちゃしてよく見えない。
110403c1.jpg

最大までズームすれば話は別だけれど、そこまでズームインすると視界が狭すぎてゲームにならない。
110403b3.jpg
110403b4.jpg


ゲームの流れはステージクリア式。1-1,1-2,1-3と順に進んで行って1-4でボス戦。クリアしたら次は2-1で新マップ、という感じ。
110403c2.jpg

宇宙空間ぽいマップから降雪地帯にジャングルと、序盤だけでも結構バリエーションがある。
110403c3.jpg

ミッションクリア後はダイスロールタイム。

これはアイテムの取得権を奪い合うクエスト中のダイスロールとは違い、言ってみれば個人戦。一定以上の高い数値を出すと、報酬として1ランク上のレアアイテムが手に入る。
110403d2.jpg

画像のケースで言うと、サイコロで1~82を出すと黄色ランク、それ以上の83~を出せればランクアップしたオレンジのレアアイテムがいただける。
110403d1.jpg

クエスト終了後、更に連戦するか否かを選択できる。連戦する場合、さっきまでのクエストで減ったライフは回復しないままで、失敗すれば報酬アイテムを失ってしまうリスクが生まれる。

代わりに、クリア後のダイスロールで上級のレアアイテムを得られる数や確率がアップする。こういうギャンブル要素は大好きだ。
110403e.jpg

| Darkspore | 20:05 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT