糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Path

童話の赤ずきんをモチーフにしたホラー寄りなADV。トレイラーを見た時はどういうジャンルのゲームかいまいち解らなかったが、実際にプレイしてもよく解らない。
100829.jpg

6人のキャラクターの中から1人を選び、婆の家へおつかいに行くのがゲームの目的。目的地までは一本道だが、あえて道をそれて森の中をうろつくのも自由。
100829b.jpg100829c.jpg

元ネタが童話ということで、時代設定もそれに準じたものかと思い込んでいたが、スタート地点に普通に公衆電話が設置されてた。かけると使用キャラを変更できる。
100829a.jpg

素直にまっすぐ行ってみる。進むにつれて雰囲気がどんどん陰鬱になっていく。婆の家に至ってはもう魔物とか出るレベル。

到着するまでに時間が掛かって日が暮れたという表現なのかも知れないが、それにしても陰々滅々としすぎてる。時間帯というか世界が違う。RPGなら間違いなく敵が出るゾーン。
100829c.jpg100829d.jpg

家に入ると一人称視点になる。むしろ外の方が明るいぐらいに暗い。
100829e.jpg

突き当たりにある寝室へ向かう。ベッドに近づくと、生きているのかも怪しい婆との添い寝が始まる。ここでゲームが唐突に終了。
100829f.jpg100829h.jpg

評価が表示され、自分のおつかいは失敗扱いされた。もっとこう、ガンガンに寄り道をし、狼とかにも遭遇してイベントを経験しないと高評価は頂けないらしい。
100829w.jpg

寄り道もせずに最短距離で配達を完了した訳で、おつかいとしてはパーフェクトな気もするが、童話的に見ればNGだったかも知れない。というか運んできた食料を渡すような描写が一切なかった。何をしに来たのか解らない。添い寝か。
100829g.jpg

| The Path | 22:40 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

FarCry2

総プレイ時間24時間。
100819.jpg


受けたミッションはほぼ全て、「xxへ行ってxxを破壊しろor殺せ」だけだった。最後までやってもそれだけだった。


ストーリー後半、投獄された主人公が丸腰の状態で刑務所を脱出するミッションが始まり、ようやく盛り上がってくるのかと期待したものの、脱獄後はまた同じような破壊・殺人の繰り返し。

100819c.jpg

「この手のゲームのミッションを大雑把に分類すれば、大抵そんな感じになるのでは」とかそういうレベルじゃない。ひねりが全く無い。

目的地に行く→見張りを倒す→ターゲットの位置に行く→殺すor爆破。逃げる標的を追うだとか、途中で敵の増援が来るだとか、そういう展開一切なし。ほとんどのミッションはこの基本をがっちり崩さない。崩してくれ。

100819a.jpg 100819b.jpg


戦闘だけは面白かった。3つのスロットにどんな武器を装備していくかで戦闘スタイルが大きく変わる。

機関銃で特攻、サイレンサー装備でスニーキング、遠距離からの狙撃で無傷でクリアしたりと、攻略のパターンが豊富に用意されている。

そこら辺を自分で工夫して遊べと。だからミッションはあえて極々単純な、どんなスタイルでもクリア可能なものにしといたと。多分そういうコンセプトで作ったゲーム。スナイパーライフルが強すぎて、効率を求めると狙撃のみになるけれど。

100819z.jpg

悪意の固まりみたいな障害物がそこら中に配置されていて、頻繁に車をスタックさせてくれたりと、マップ移動に関するバラエティに富んだ面倒さを除けば楽しめた。
100819x.jpg

| クソ | 00:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Scott Pilgrim vs. the World

PS3のScott Pilgrim vs. the World: The Game
原作の漫画は一切読んだことがないが、
海外で今月公開される映画版の監督はショーンオブザデッドやホット・ファズでおなじみのEdgar Wright。
正直ゲームはどうでもいいから映画の日本公開を急いで欲しいけれども、とりあえずゲームをDL。
100812.jpg


ジャンル的にはダウンタウン熱血物語やファイナルファイトそのままのベルトスクロールアクション。
4人の中から使用キャラ選んでステージ進んでボス倒して次のステージへ。
100812c.jpg100812a.jpg


敵を倒して得た経験値とマネーでレベルアップして技を増やし、アイテムを買ってステータスを上昇させる。
というか、それなりにレベルアップしていることが前提の難易度なので初期キャラだとサクサク死ぬ。
100812e.jpg100812f.jpg

低価格なDL販売のゲームの割に敵のバリエーションが豊富。
街のちんぴらからゾンビに巨大ロボットまで色々出てくる。
世界観がいまいちよく解らない。
100812r.jpg100812k.jpg
100812v.jpg100812t.jpg
100812q.jpg100812w.jpg

ステージクリア後に表示される一枚絵に毎回イラッとさせられるのが難点。
オンラインCo-opは無いので、
オフラインで一緒に遊べるリアルフレンズがいる方ならより一層楽しめるんじゃないでしょうか畜生。
100812x.jpg100812y.jpg

| 未分類 | 23:36 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

FarCry2

自由度の高さが売りということで、例えば敵の拠点を攻めるにしてもパターンが複数ある。正攻法で真正面から行く以外にも、ぐるりと遠回りして敵の背後から奇襲を仕掛けられる。
100809.jpg

ただこれには少し問題があって、潜入して最初の一人を殺した時点で、周りの敵NPC全員がこちらに気付く。背後からナイフキルしようと、サイレンサー付きの武器で殺そうと、とにかく一発で気づかれる。

結果、辺り一帯の敵全てを巻き込んだ大乱戦になる。忍び込んだ意味マジで皆無。敵全員が感覚を共有してるかのようなふざけたAIに何度か壁を殴った。
100809z.jpg

レビューサイトなどで調べてみると、サイレンサー付き武器のHSで瞬殺すれば気付かれないらしい。サイレンサー付きだろうと外せばバレる。ナイフキルは殺す際の悲鳴でバレると。

敏感すぎると思わなくもないが、とにかくその通りにHSで一人目を殺してみる。

仲間が殺されたことでこちらの存在には気付いたものの、位置までは解らず、その辺をうろうろし出すアフリカン。よくできてる。
100809a.jpg

スナイパーライフルで遠距離から狙撃して、どうにも出来ずに慌てている敵を眺める。

武器が揃って対処法も解ってくると、煩いだけの敵も楽しんで殺せるようになる。そう思えてきた矢先に、無限に沸く敵ジープに轢かれて即死したのでやっぱり微妙だと思いました。
100809b.jpg

| クソ | 00:00 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT