糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

No Man's Sky1.1

No Man's Sky の最も優れた点とは何か。自分はインストール容量だと思う。

最近バージョンアップされたので再インストしてみたが、同じく入れ直したKilling Floor2の30GBに対し、NMSの容量はたったの3GB未満。気軽に削除&再DLできるこの軽さだけは素晴らしい。

この2.7GBに俺の$60が詰まっている訳で、インストールする度に不快な気分になれる。
161209q1_twinkie.jpg

前回のプレイ日時は4ヶ月前に遡って8月。ブランクでゲーム内容をほとんど忘れたため、新旧Verの比較はできない。
161209q2_twinkie.jpg

今回のVerから大型の生物が沸きやすくなったと聞いたが、アプデ以前を覚えていないので比べようがない。宇宙船と比べると確かにでかい。
161209q3_twinkie.jpg


今回のアプデでは住居の建築要素+それ関連のお使いクエストが追加された。追加要素のアレを作るには素材のアレが必要なんで取ってこい的な定番のアレ。

使い走りを完了させると建築系のレシピが解放されていく。パーツを自由に組み合わせて拠点を建てたり、オシャレなオブジェを無意味に設置したりできる。

まぁ根本的に底が浅いので、多少の追加要素が来ても結局すぐ飽きる。次のアプデが来たらまた再インストしようと思う。
NMS012.gif

| No Man's Sky | 10:25 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

P5

最近は大穴ばかりを狙い過ぎた。安定した本命馬には無い刺激を求め、ハイリスクな穴馬を買い漁った。その結果がNo Man's Sky であり、Tomorrow's Children である。

実際これらは路上の吐瀉物レベルのゲームであり、現金をドブに叩き込んだに等しい。このままでは精神的に破産する。とにかく無難な奴で妥協したい。

そういう訳でペルソナ5を買った。人生やっぱり冒険より妥協だ。ブランド的に本命だと思われたストVがスタート直後に落馬したがそれはそれ。
160926q1_twinkie.jpg


自分にとってDL版@8,800円という価格はちょっとした大金。近々発売されるLogicoolのG403有線版が買える額であり、気軽に出せる金額ではない。

しかし、円ではなく別の単位に置き換えてみると、だいたい1.5No Man's Sky という計算になる。あのペルソナシリーズの最新作が、たったの1.5NMSで手に入る。そう考えると気楽に購入ボタンを押せるようになる。金銭感覚というのは曖昧なものですね。

ユーザーレビューの割合が"ほぼ不評(Mostly Negative)"な作品はよく見かけるが、"圧倒的に不評(Overwhelmingly Negative)"は珍しい。遺影代わりにスクリーンショットを撮っておく。

今後のアップデートでこの袋叩き状態が覆る可能性もあるが、早くも公式サイトが停滞気味だし多分無理だろう。覆らない方に$60。
160926q2_twinkie.jpg

| No Man's Sky | 06:30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外というか順当に浅かったSky

No Man's Sky。20時間ほどプレイしたが飽きてきた。宇宙語の収集、変な生き物探し、あとはクッソ狭いインベントリの拡張。

早々に煮詰まってそれ以外にやることがなくなる。でもその煮詰まった残りカスが地味に面白かったりもするので、一概にクソとも言えない微妙さ。


宇宙船がチート過ぎる

マップ上に点在する廃墟や施設を探索し、アイテムやレシピなどの収集品を集め、自キャラを強化していくのが地上での活動内容。

重要なのは施設であって、マップのフィールド部分(平原とか山とか谷とか洞窟とか)にゲーム的なメリットはほぼ無い。

しかし、マップの大半を占めるのは無価値なフィールド部分。施設間の距離はやたら離れていて、徒歩だとリアルで数時間~数日かかる。なので、移動は宇宙船が基本となる。

・無駄に広いが大部分は探索する価値のないランダム生成マップ。
・徒歩とは比較にならない利便性の宇宙船。

この2つが原因で、徒歩の重要性が限りなく低くなってしまっている

宇宙船で山も谷もガン無視して直線移動→施設を漁る→船で次の施設を目指すループ。未知の惑星を探検するゲームというより、宇宙船で建物巡りをするゲーム。車でポケストップを巡回している気分になれる。



要するに船がノーリスク & ハイスペック過ぎる。
  • スタート地点で手に入る。
  • 徒歩より格段に速い。
  • マップの高低差を全スルー。
  • 燃料はその辺の鉱石で実質タダ。
  • 地上には船に対抗できる敵がいない=安全を通り越して退屈。
初っ端からこんなチートアイテム手に入ったら萎えるわそんなもん。

宇宙はともかく、地上パートでの船の使用にはもっと制限があっても良かった。あるいは徒歩オンリーの縛りプレイをすればマゾ楽しいかも知れない。歩くだけでリアル1日終わるリスクも伴うが。
160819t1_twinkie.jpg


収集要素

クラフトレシピは総数が少なく、すぐに重複するようになる。

イベントの選択肢で見事正解!→報酬は重複レシピ…ってパターンが日常化するため、序盤を過ぎるとうんざりしてくる。言語だけは数が豊富なのが唯一の救い。
160819z3_twinkie.jpg

星ごとの環境

星によっては放射能、毒性の大気、極端な高低温などの特徴がある。

これらは船外活動できる時間の長さにのみ影響する。厳しい環境だったら生存メーターがガンガンに減る=短時間しか活動できない。安全な環境なら30分ぐらいは余裕って具合に。

猛毒でも極寒でも対策は同じで、対応した防護装備をクラフトすれば軽減できる。雰囲気作り以上の意味はない。

ランダムマップ

植物の種類や量によって見た目は大きく変わるが、基本となる地形はどの星も代わり映えなし。どの星もそれなりに高低差があり、高い丘があって地下に洞窟がある。

最も大きな差異は海の有無。

ほとんどが陸地の星もあれば、大部分が海の星もある。でも海に潜るゲーム的なメリットはあまり無い辺りがまた微妙。
160819r1_twinkie.jpg

野生アニマル

各部位のパーツ、組み合わせ、サイズなどがランダムというSpore的なやつ。行動パターンは少なめ(陸上で草食系or攻撃的、飛行系、あとは虫だかカニ系)。

頻繁に見かけるパーツも結構あり見飽きてきたが、たまに二本足で歩く陰茎に出会えたりもするのであなどれない。
160819z1_twinkie.jpg160819z2_twinkie.jpg


翻訳の質はかなりハイレベル

最近のアップデートにより、星や生物の名前といった宇宙語まで日本語に置換されるようになった。

画像は左から英語、アプデ後の日本語、アプデ前の日本語版。
160819a1_twinkie.jpg

元から意味のない造語をカナに置換する是非については難しいところだが、得体の知れない恐怖感は出てるかも知れない。それと既存の単語が偶然混じったりするとしょうもない面白さが生まれる。
160819e1_twinkie.jpg

ツール類はグーグル翻訳でやっつけたような味わい深さを感じさせてくれる。
160819w2_twinkie.jpg

宇宙船の名前は一律でひらがなに。スペースシップというより漁船のような印象を受ける。
160819w1_twinkie.jpg

日本語版にはセンシ設定が"徒歩+宇宙船+謎"と3種もある。英語版で確認すると一番上はマウススムージングに関する項目だった。この大雑把さを見習ってポジティブに生きて行きたい。
160819q1_twinkie.jpg


情報処理装置

日本語版では、一部の植物(鉱物?)をスキャンすると、名前の末尾に必ず"情報処理装置"という謎ワードが付いてくる。英語版に切り替えてもそういったワードは確認できない。

ただ、これらは鉱物系統なので、末尾が~nite,~citeなどで終わる共通点がある。graphiteとかそういう感じで。他には思い付かないが。(鉱物の一覧 - Wikipedia。)

そこで"ite+情報処理装置" で検索してみると、ITEは「Information Technology Equipment=情報処理機器or装置」の略称でもあることが分かる。

つまり、下の画像で言えば、"Ajianite>Ajian ITE>アジアン情報処理装置"という風に、翻訳エンジンが誤判断した可能性がなきにしも…。
160819v1_twinkie.jpg

機械翻訳をそのまま製品版にぶっ込むような暴挙は常識的に考えてありえないので偶然だろうが、少なくとも情報処理装置には見えない。つーか岩でしょこれ。
160819s2_twinkie.jpg


結論としては$20~30でアーリーアクセスなら期待の新作として文句なしだった(今後のアップデート込みで)。

実際は$60と詐欺トレイラー効果によりハードルが上がり過ぎて飛び越せない感が漂ってる。

| No Man's Sky | 23:33 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

No Man's Skyとかいうゲーム

http://store.steampowered.com/app/275850/
14人だか15人からなる少人数のインディ開発。資源掘りとクラフトと探索が主体のゲーム性。地形や生き物は自動生成。

…こういった類のゲームは2~3,000円ぐらいが相場じゃね?とストアを覗いたら6,080円。

死亡フラグが立ち過ぎな気もするが買った。Valveのスキンギャンブルサイト潰しのおかげでウォレットが無駄に余って使い道がない。

価格設定や動作の不安定さが災いしてか、初日段階でのユーザーレビューは微妙な具合。
160814q1_twinkie.jpg


そもそも何をするゲームか

  • 鉱石や植物を砕いて資材を集める。
  • 建物や遺跡を探索し、クラフトレシピや宇宙人の言語を収集する。
  • NPC宇宙人とトレードして金を稼ぎ、よりハイスペな装備品や宇宙船の購入を目指す。
  • 動植物をスキャンして図鑑的なものを埋める。
  • やり尽くした感が出てきたら宇宙船に乗って次の星へ。
主なプレイ内容としては以上のようになる。

Minecraft的な建築要素はなく、怪我や空腹といった細かい生存条件もないためサバイバル要素も薄い。
160814s1_twinkie.jpg160814s2_twinkie.jpg

厳しい環境の星では船外での活動時間が限られる。割とカジュアルな作りだが、そういった軽い縛りは一応ある。画像の星は気温が50℃あるせいか植物が巨大すぎて気持ち悪い。
160814g2_twinkie.jpg


新種の発見とアップロード

初見の動植物をスキャンをすることで、図鑑的なものに登録できる。

自分が見つけた新種に限り、任意の名前を付けた上でネットワークにアップロード可能。こうして命名した動植物や地名は、ネットを通じて他のプレイヤーからも確認できるようになる。らしい。

今のところ他PCがアップした生き物には遭遇できていないため、実際どんな具合かは未体験。
160814x2_twinkie.jpg160814x1_twinkie.jpg

人工の建設物

野生の動植物の他に、人工っぽい建物や遺跡なんかも点在している。これらを探索するとクラフトレシピや未知の言語が得られる。
160814a1_twinkie.jpg160814a3_twinkie.jpg

宇宙語の習得と実践

遺跡やモノリスを調べることで、現地の言語を学ぶことが出来る。親密度が高ければその辺のNPC宇宙人から直で教わる事も可。

というか、タイトルから無人の廃墟を探索するゲームのような印象を受けたが、実際はどの星にも普通に宇宙人がいる。しかも室内のソファでゆったりしてる。ちょっと想像と違った。
160814r1_twinkie.jpg

一度に1単語ずつ憶えていく形式。

学べる単語はランダムっぽいが、どうも当たり外れが大きいように見受けられる。使用頻度的な意味で。
160814r2_twinkie.jpg

で、この要素はNPC宇宙人との会話の際に役立つ。

知っている単語が増えるにつれ、会話欄の謎ワードが翻訳され、徐々に相手の話を理解できるようになっていく。

画像は初期状態。何を喋ってるのか完全に理解不能。
160814c3_twinkie.jpg

以下は解る単語が多少増えた状態。

たとえば"低い知性"というフレーズからだけでも、「あぁこいつは俺を見下してるな」というアトモスフィアが漂ってくる。室内は戦闘不可なのが残念。
160814c4_twinkie.jpg

状況によっては選択肢が出る場合もある。知っている単語が多いほど正解を選びやすくなる仕組み。

ただ単に集めて実績解除するだけの脳死なクソ収集要素とは違い、実用性が伴ってる辺りはよく出来てる。
160814c2_twinkie.jpg160814c1_twinkie.jpg


マネー

素材や交易品をNPCに売ることで現金を得られる。

使い道としては不足してる素材を買い足したり、より高スペな採掘ツールや宇宙船(高い)を購入したり。

高級なものほど強化用のスロットが多いので、より多くの強化レシピを積むことができる。船のスロットはアイテム倉庫も兼用しているので、高級品=アイテム倉庫としても優秀。
160814e1_twinkie.jpg160814e2_twinkie.jpg


この辺がクソ

  • 重い。
クソ重い。GPUはGTX970、解像度はフルHD、ビデオ設定は全部Midに下げても重い。徒歩で走り回る程度なら80FPS前後で安定するが、採掘ツール使用時(エフェクト派手)や宇宙船での移動時(はやい)は20FPS前後まで落ちる。
160814z3_twinkie.jpg

  • 熱い。
起動中はグラボがちょっとした暖房器具に変わる。自分の環境では大抵のゲームは50℃前後で済むが、このゲームに限っては平均70~80℃を超える。発売時期が冬なら神ゲーだった。
160814g1_twinkie.jpg

  • 謎のクリック長押し推し。
なぜか最大FPSがデフォで30に固定されている。変更しようとApplyを押しても無反応で、初プレイ時は軽く混乱したが、このゲームにおける決定ボタンは左クリックを"長押し"しないと反応しない仕様らしい。めんどい。
160814z2_twinkie.jpg

https://www.reddit.com/r/NoMansSkyTheGame/comments/4xgw82/pc_users_incredible_fps_fix/

設定ファイルからGsyncをオフにすることで多少軽くなるらしい。
(Steamインスト先)\Steam\steamapps\common\No Man's Sky\Binaries\SETTINGS
このディレクトリにある"TKGRAPHICSSETTINGS.MXML"をエディタで開き、Gsync のvalue を"false"に変えると切れる。

Experimental Branch :: No Man's Sky Landing Page

現行Verは少なくとも快適とは言い難いが、発売から1日でベータパッチが追加された。steamのプロパティにあるベータタブに"3xperimental"というコードを入力すると適用できる。今後もこの頻度でアプデしてくれるなら多少は希望が持てる。

| No Man's Sky | 06:29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |