糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

グラディエーターVS雑感2

ダウンロードコンテンツ グラディエーターバーサス公式サイト

DLC及びアイテム課金について。
ゲーム本編も酷いが追加DLC商法も相当にたちが悪い。

デフォルトではキャラを2体までしか作成できない。それ以上のキャラを作る場合、PSストアで追加キャラスロットを購入しなければならない。

初期のキャラスロットが2枠なのに対し、クリエイトで選べる種族は人間,オーク,エルフの3種。つまり、全種族を作って楽しみたい場合、パケ代とは別にアイテム課金も必須ということになる。そんな基本的な部分が有料ってどうなんだろう。

そしてアイテム倉庫の拡張も有料。リアルマネーを支払うことで最大3段階まで拡張できる。

しかも、この倉庫の中身はキャラ間で共有することは出来ない糞仕様。韓国製のネトゲにも負けない鬼のような商売根性。

他にも装備品に関する資金繰りがかなり厳しかったり、アイテム強化の際に要求される素材の量が尋常じゃなく多かったり、アイテムを強化すると一定確率で破損するチョンゲーの如き仕様があったり…。

この辺りの、「どうにかして課金させたい」という意図が見え隠れするシステムを眺めていると、基本無料のMMORPGをプレイしているような錯覚に陥る。

そして、ソフトの代金として既に 6,000円近く支払ってることを思い出し、愕然とする。パケ代払った上で更にこれかよ…と。

キャラ1体作っただけでうんざりしたし、ゲームとしての底も浅いので、それら一切を買わずに済んだのは不幸中の幸い。


その他、トロフィー関連について。

繰り返しプレイが前提なのにカットシーンを飛ばせない。毎回眺めるハメになる。

公式で散々推していたマルチプレイは神速で過疎っていてマッチングしづらい。というか昼間にプレイしたら無人だった。

フレンドリーファイアは基本的に無効なのに、何故か味方NPCの攻撃魔法にだけは喰らい判定があり、無能AIが頻繁に俺に誤爆をかましてくる。

範囲魔法(味方の)で強制よろけモーションに入り、そこに敵の攻撃が叩き込まれる。心底イラつく。

史実寄りの舞台設定からファンタジーへの転向は構わないが、魔物として出てくる敵は全部スケルトン。オークとかドラゴンとか一切出てこない。

ラスボスもちょっと豪華な鎧を着た骨。こいつを倒すと思わせ振りな演出で復活するが、復活後に変身するようことはなく、相変わらずの骨。アホか。

これ元のグラディエーターな世界観のままでも良かったのでは…。肝心の魔法も割と空気な存在だし。少なくとも、自分は魔法を全く使わずにクリアできた。

原因としては、魔法と物理スキルをセットするスロットが同じ枠なことが挙げられる。微妙性能な魔法で枠を埋めるぐらいなら、全て物理スキルで揃え、ボタン連打でボコった方が圧倒的に強い。

…もう何と言うか褒められる所が見当たらず、逆に欠点ならいくらでもあげられるがキリがないのでこの辺で。

シングルの難易度は恐ろしく低い。トロフィー目当てとしては最適な様に見えるが、ネット対戦で100勝する実績があるため、コンプは不可能に近い。というか、このゲームの対人戦を 100勝するまで続けるのは拷問に等しい。

最高ランクの難易度をクリアすると、それより下位の難易度のトロフィーもまとめてアンロックしてくれる親切なゲームがあるが、この作品にはそういったものも存在しない。全難易度きっちり手動で頑張れと。何の罰ゲームだ。時給をくれ。

結論。個人的には駄作が多かった今年の最後を飾る衝撃的なまでのクソゲー。グラディエーターVSを超える駄作は恐らく今後2年ぐらいは現れない様に思う。この間までidのRageに対して偉そうに不満を述べていた自分が恥ずかしくなる。下には下がある。
11129x.jpg

| GLADIATOR VS | 23:51 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラディエーターVS雑感

戦闘の流れとしては大体がボタン連打のごり押しで片が付く。

敵は亀のようにガードを固めているため、まずはガード崩し属性のスキルで相手の守りを崩し、ラッシュをかける。クールダウンが終わったらまたガード崩しからの連打。以降は敵が死ぬまでずっとこちらのターン。

敵ライフがかなり多めに設定されているため、殺しきるまで結構時間がかかる。それまで延々同じパターンを繰り返す。敵のガードが異常に固いのは雑魚だろうとボスだろうと全ての敵キャラに共通。

何は無くともガード崩しからのラッシュ。プレイヤーのテクニックを挟む余地も何もない。初回特典として連射パッドを付けて欲しいほどの連打ゲー。

難易度ノーマルが退屈すぎたので、最高ランクの難易度に移動。受けるダメージは確かに増えたが、相変わらず崩しからの連打でごり押せる。ラスボスも変わらず崩しからのボコりで楽々KO。

そして最高難易度での全ミッションのSランククリアをひとつの挫折もなく達成。確かに達成はしたが、簡単すぎて達成感は一切ない。


過去作にはスタミナの概念があったため、ボタン連打で攻撃しているだけではバテて動けなくなるという適度な縛りがあった。

ライフ設定も少な目で、敵をサクサク殺せる爽快感があり、逆に油断していると雑魚敵にすらあっさり殺される緊張感があった。

また、戦闘時のテクニックとしてドッジ&パリイという機能もあった。これは敵の攻撃に合わせてジャストでボタンを押すことで、無傷で攻撃を回避できるというもの。

このシリーズの売りある多対多の乱戦では、真正面の敵と切り結んでいる最中、別の方向から不意打ちを受けることが多々ある。そんな時にドッジに成功すれば、たとえ背後からの攻撃でもノーダメージで回避することが可能。

要するに、乱戦がメインのこのゲームにはうってつけの機能だった。

本作ではその辺の、シリーズの持ち味と言っていい要素が全部なくなった。いくら何でも削りすぎ。
11129c.jpg


何と言うか理屈として納得いかない点が多々あった。特にアイテムドロップの不自然な流れ。

各ミッション終了時、敵がドロップした装備品等がずらりとリストアップされる。一般的なパターンでは、これらは戦利品としてそのまま自分の物になる。が、このゲームの場合はプレイヤーが自腹で買い取らなければアイテムは手に入らない。何故に自分が倒した敵の装備をゲットするために高い代金を支払わなければならないのか。どうも釈然としない。

このシステムのおかげで、ミッション終了後に報酬を得られたという感覚が薄い。必死で戦ってそれなりの成果を上げたというのに、自分への見返りは不当なまでに少ない。というか殆ど没収される。

| GLADIATOR VS | 23:24 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

グラディエーターVS購入。3日でGEOへ走る。

日曜に買い火曜に売る。試合開始早々のギブアップ。

とりあえず言いたいのは、このゲームを買うのならそのお金でPS2のグラディエーターかPSPの剣闘士を買うべき。それらを既に持っているのならこのゲーム以外の何かに費やすべき。
11129z.jpg

ゲームの内容に言及するのなら、少なくともそのゲームをそれなりにプレイしておくべきだと個人的には思うので、一応一周はしておいた。進める内に劇的に面白くなっていくことを諦め9割で期待したが、結果は時間をドブに捨てただけだった。総プレイ時間が表示されないので正確なタイムは分からないが多分12時間程度。

このシリーズは戦闘がメイン、というかゲームの内容がほぼバトルしかなく、それ故にバトルの楽しさのみで持っていたゲームだった。が、本作では戦闘システムに大幅な改悪が加えらた。結果として戦闘は簡略化され、単調なボタン連打のごり押しゲーになり果てた。

UIはかなり使いづらいが特に目立ったバグなどは見当たらず、ゲーム自体は淡々と進めていける。ただ、バトルの出来がアレなせいか何一つ面白くない。ただ淡々とつまらない。そういう意味で衝撃的ではあった。無味無臭なのにこれだけ不味いものが存在するとは。

| GLADIATOR VS | 23:16 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |