糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たいまつのつくりかた

"Minecraft たいまつ 作り方"的なワードで飛んでくる方が割と居られるので作り方書いときます。
でもWiki見た方が早いです。

まず最初にWoodブロックを得るために木を切る。
斧があると短時間で切れるが素手でも問題なし。
110125a.jpg

得たWoodブロックをインベントリ右上のCraftingスペースに置いて木材に加工する。
木材を使って作るものは作業台・木の棒・つるはし。
インベントリのCraftingスペースに木材4つを四角く並べると作業台が、
110125a1.jpg

縦に2つ並べると木の棒ができる。
110125a2.jpg

作業台を画面下のアイテムスロットに装備し、右クリックで設置。

で、画像の様につるはしの柄の部分に木の棒、刃の部分に木材ブロックを並べることでつるはしが完成。これで鉱石が掘れるようになる。

素手でも鉱石ブロックを破壊することは一応できるが、素手だと資材が得られないのでつるはし必須。
110125b1.jpg

黒&灰のまだら模様の石炭ブロックを つるはしで壊すと石炭が得られる。
110125b2.jpg

インベントリのCraftingスペースに石炭、木の棒を縦に並べたら松明が完成。
110125b3.jpg

石炭ブロックが見つからない内に夜が来てしまうことも、スタート時にはよくある。

βVer1.2からはWoodブロックを焼くことで木炭が作れるようになり、木炭から松明が作れるようになった。ただ、手順は多少面倒。

木材で作ったつるはしでStoneブロックを破壊し、Cobblestoneを得る。そのCobblestoneを画像の様に作業台にぐるりと並べてかまどを作る。
110125d1.jpg

かまどを作業台と同様に設置。

かまどの上下にWoodブロックを並べる。ちなみに下が燃料で、上が原料。焼き上がるまで鶏でも殴って時間を潰していると木炭が出来上がる。

加工後の木材ブロックは使用できないので加工前のWoodブロックが必要。
110125d2.jpg

木炭は名称以外は石炭とそっくり同じアイテムなので、同様に木の棒と組み合わせて松明完成。

松明が出来たところで夜間の外出が危険なことには変りない訳で、そこら辺にほら穴でも掘って朝が来るまで震えて待つ。おわり。
110125v.jpg

| Minecraft | 15:13 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

Beta Ver1.2

Minecraft Japan Wiki - パッチノート
先日のアップデートで色々と追加されたMinecraft。
せっかくなので新Worldを作ってやり直す。
110119a1.jpg

こんなに大量に沸くゲームだっただろうか。
新世界での初爆死を頂く。
110119a2.jpg 110119a3.jpg

Woodブロックをかまどで燃やすことで木炭が作れるようになった。
見た目も使い道も石炭と同じだけれど、スタートしたばかりで石炭が無い時期は便利。
110119c1.jpg

色付きの羊がSpawnするようになり、Woolブロックを染色できるようになった。
白樺の木が追加されたり、クリックすると音が鳴るブロックが追加されたりと他にも色々。
110119c2.jpg110119c3.jpg

PortalのED曲を再現した動画。
かかった労力を考えると気が遠くなる。


他には水中の生き物としてイカが追加された。
釣り竿で釣れる魚を除けば初の水生動物。多分。
早速観察しようと探してみたが水中に居るのでちょっと見辛いものがある。
110119d1.jpg

浅瀬の周囲をブロックで囲んでからバケツで水を抜く。
水が無くなってもイカは問題なく生き続けた。
110119d2.jpg 110119d3.jpg

かわいいデザインのクリーチャーが多いこのゲームの中では異色の気持ち悪さ。
口の部分が特にグロい。
110119d4.jpg

意味もなくイカの頭上からマグマを流し込んでいたら操作をミスって水槽というか溶岩槽に落下、
パニックになりつつも壁をツルハシで掘って脱出を試みたが敢え無く焼死。
マグマに飲まれてアイテムも全ロスト。
まさかこんなところで死ぬとは思わなかったのでバックアップも取っておらず、
新世界で心機一転やり直そうという自分のやる気も全ロストした。寝た。
110119.jpg

| Minecraft | 07:32 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

Minecraft三日目

日が落ちると沸き始めるモンスターに何度も殺され、
貯め込んだアイテムをフィールドにぶちまける悲惨な日々が続いている。
この現状をどうにかすべく色々と考えた結果、家にひきこもることにした。
101207.jpg

復活地点を石の壁で囲み、そこから坑道までを直結。
モンスターで溢れる下界を一切経由せず、家と坑道を安全に行き来できる環境を作る。
101207a.jpg

外に出ずに採掘ができるようになったので安心して坑道を掘り進む。
採掘していると水脈を掘り当てることがある。
水脈には流れがあって、水流をせき止めているブロックを破壊すると水が流れる方向が変わったりする。
101207b1.jpg
101207b3.jpg

意味があるのかは知らないが、何となくで水路作りを始める。
本業の鉱石掘りよりもむしろ楽しい。
101207b2.jpg

この際だから海まで繋げようと掘り進めていたところ、
何故か頭上から大量の水が流れ込んで来てあわや溺死な目に遭う。
プロジェクト水路中止。
101207b4.jpg

一旦家に戻ってみると豚が侵入していた。
やはり壁だけでなく屋根も必要だったのかも知れない。
101207z1.jpg

とりあえず豚は水路に流した。
101207z2.jpg

| Minecraft | 21:05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

つるはしで穴を掘るだけの簡単なお仕事

クラシック版には微妙な印象しかなかったが、このアルファ版は結構楽してめてる。
インベントリとアイテム作成が追加されたのは大きい。

日が落ちると真っ暗で何が何やら分からず、
フィールドでさえ視界ゼロなのに洞窟なんて怖くて近づけるわけがない。
そんな絶望的な状況は松明の作り方を教えてもらうことでどうにかなった。

昼間でも暗すぎて何も見えない坑道が、
101203.jpg

松明を灯すことでこんなに明るくなる。
松明すごい。偉い。
木の棒に燃料をくくり付けて点火しただけなのに超便利。
もう火がない生活とか考えられない。
101203a.jpg

そういう訳で穴掘りに専念できるようになった。
世界を構成しているほとんどのブロックは破壊可能。
足元の地面や山肌を掘り進んでもいいし、
その辺にぽっかりと空いている洞穴に入るのも自由。
何と言うか、散歩中にふらっと入りたくなるタイプの穴ぐらを作るのが上手い。
自動生成のマップとは思えない。
101203b1.jpg

基本的にプレイヤーキャラは1ブロック分の段差までしか飛び越えられないため、
調子に乗って底へ底へと掘り進むと帰りが大変なことになる。
101203b3.jpg

地下にももちろん敵が沸く。
薄暗い穴の中を無心で掘り進んでいる時に不意に襲われると素で驚く。
101203c1.jpg101203c2.jpg

掘っているうちに大空洞に繋がることもあれば、
水流や溶岩流にぶち当たることもある。掘っていて飽きない。
つるはしで壁に穴を開けたら溶岩が流れ込んで来て、逃げる間もなく焼死することもたまにあるけれど。
101203d2.jpg101203d1.jpg

機能が多少制限されてはいるが、ブラウザから無料で遊べるテスト版もある。
試しに遊んでみたらいきなりゾンビに襲われて死んだ。
101202z.jpg

| Minecraft | 19:39 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT