糞虫

非アフィリエイト系クソサイト

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

GoodかBadか分からないがEND

目的を達成するだけなら開始地点からまっすぐ進んでゴールすれば済む。が、イベントを見るためには森の中に入る必要がある。森にはよくわからないものが色々と配置されている。

マップがループしていて簡単には出られない上に、アイテムの配置もはっきりしない。行き先を示すマーカーもかなり曖昧に設定されているので、プレイする度にさまようことになる。
100830w.jpg100830x.jpg
100830y.jpg100830z.jpg

ノーマル以外のEDを見るためには狼に出会う必要がある。狼の姿は操作するキャラごとに異なり、樵のおっさんや謎の霊的存在だったりもすれば、見たままに狼な場合もある。
100830a.jpg100830b.jpg

直接的な描写はせず、解釈はプレイヤーの想像に任せた感じの抽象的なイベントが多い。しかし相手が狼なだけあって、大抵はろくなことにならない。

小汚いおっさんと一緒に酒盛りをした辺りで意識がなくなり、気づいたら道で倒れていたとかそういう奴。何があったかを考えるだけで憂鬱になる。内容はキャラによって様々だが、狼イベント後は天候がどしゃ降りになる点は共通。
100830d.jpg

イベントを経由すると、何故か婆の家の内部構造も変化する。
1008301x.jpg

目的地である婆ハウス=エンディングであり、キャラごとのマルチEDでもあるので、家もマルチに変化するということらしい。リフォームが激しすぎてついて行けない。
1008302.jpg1008303.jpg
1008304.jpg1008305.jpg

Success評価を得てクリアするとキャラセレクト画面からそのキャラがいなくなり、以降は選択できなくなる。
100830e.jpg


The Path by Force / Jarboe - Download The Path on iTunes
短いプレイ時間に反してやたら印象的なゲーム。特に音楽は神がかかってたのでサントラも買おうかと思ったが、ゲーム本体より高いのはどうも。

| The Path | 01:06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

The Path

童話の赤ずきんをモチーフにしたホラー寄りなADV。トレイラーを見た時はどういうジャンルのゲームかいまいち解らなかったが、実際にプレイしてもよく解らない。
100829.jpg

6人のキャラクターの中から1人を選び、婆の家へおつかいに行くのがゲームの目的。目的地までは一本道だが、あえて道をそれて森の中をうろつくのも自由。
100829b.jpg100829c.jpg

元ネタが童話ということで、時代設定もそれに準じたものかと思い込んでいたが、スタート地点に普通に公衆電話が設置されてた。かけると使用キャラを変更できる。
100829a.jpg

素直にまっすぐ行ってみる。進むにつれて雰囲気がどんどん陰鬱になっていく。婆の家に至ってはもう魔物とか出るレベル。

到着するまでに時間が掛かって日が暮れたという表現なのかも知れないが、それにしても陰々滅々としすぎてる。時間帯というか世界が違う。RPGなら間違いなく敵が出るゾーン。
100829c.jpg100829d.jpg

家に入ると一人称視点になる。むしろ外の方が明るいぐらいに暗い。
100829e.jpg

突き当たりにある寝室へ向かう。ベッドに近づくと、生きているのかも怪しい婆との添い寝が始まる。ここでゲームが唐突に終了。
100829f.jpg100829h.jpg

評価が表示され、自分のおつかいは失敗扱いされた。もっとこう、ガンガンに寄り道をし、狼とかにも遭遇してイベントを経験しないと高評価は頂けないらしい。
100829w.jpg

寄り道もせずに最短距離で配達を完了した訳で、おつかいとしてはパーフェクトな気もするが、童話的に見ればNGだったかも知れない。というか運んできた食料を渡すような描写が一切なかった。何をしに来たのか解らない。添い寝か。
100829g.jpg

| The Path | 22:40 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |